これはどうも…

会社の人に数年放置をされてきた1998~1999年製フェンダー・メキシコのストラトのクリーニングと調整をお願いされた。
正直、とてもガッカリな造り。
ネックは太めで、グラスルーツやメインのストラトよりも1ミリほど太いんじゃないかと思う。
ペグ、ポッドなど使われているパーツも安物で、トレモロブロックはグラスルーツにも使われているペラペラの物。
当然、キャビティのザグリも頂けない。
良い点を探すとしたら、フレットの処理とフレットの太さくらい。
しかも、持ったときの感触がフォトジェニックに近いという悲しいオマケ付き。
このクオリティなら、グラスルーツを買った方が、断然良い。
何も知らない人だったら、充分騙せると思うけど、フェンダーに憧れて買った人は相当ガッカリじゃないかと思う。
10年くらい前のフェンダー・メキシコは、8千円以内じゃなければ買う気はしないな。
とはいえ、会社の人にとっては、初めてのギター。このギターしか知らないのなら、その人にとっては、このギターは「最高のギター」だ。そして、「最高のギター」を少しでも弾いてもらえるようにしたい。
取り敢えず3日掛けてクリーニングはしたけど、この丁寧なお辞儀をしているネックの調整は、自分の手に負えそうもない。
でも、オーナーとギターのためになんとかしたいなぁ。

1週間ぶり


今日は日曜日のスタジオ入りで、フニャフニャの指先が非常に痛くなったので練習をした。
持ち出したのは久しぶりのフォトジェニック。
久しぶりに弾くと、ボディは重く感じるし、ペグの精度の悪さからチューニングは不安定だし、さらに極悪なのがネックの太さ。
メインのストラトと比べて2mm太いネックが、もっと太く感じる。そういえば’69年製のレスポールってこんなだったなぁ(遠い目)
ただし、生音はやたらとデカイ(笑)
1時間くらい弾いていて右腕がやたらと痛いので原因を考えてみると、メインとグラスルーツでは位置をズラしているヴォリューム・ノブに手が当たらないようにと、気を使って変な弾き方になっているみたい。
左手は、0.10~0.46の弦だと6弦がナットの溝に収まらないので、6弦だけやたらと弦高が高いという悲しい事実を見なかったことにしてコードを押さえるので、弾き終わってから指が妙に腫れぼったいし。
これだけ文句があるのに安いギターって妙な魅力があるのが不思議。
さて、もう少し練習します。

サルベージ第二弾

実家にあったピックガードを持ってきた。

バーニーのランディ・ローズモデルに付いていたピックガード。
いまもミュージシャンモデルって出てるのかな?

ランディのレス・ポールのコピーなので同じように「RANDY RHOADS」の文字入り。
本物は刻印ぽいけど、これはプリントなのでピッキングで名前が削れてます。

フェルナンデスのファイヤーバード・ノンリバースモデルのピックガード。
未開封。
ギブソンのファイヤーバードに付けようと思って買ったけど、ネジの位置だけでなくピックアップの位置も違ったので、買ったのにそのまま。
あ!またピックアップを持ってくるのを忘れた!

違和感

家では、ぶつけても自分が凹まないようにグラスルーツのストラトを弾いている。
もうすぐライヴなので日曜日にメインのストラトを出してきた。
あれ?こんなに弦高低かったっけ?
そういえば、この前のスタジオのあと弦を交換をしたときやたらと弦がビビっていたけど、もしかしてネックが反ってる?
気のせいかもしれないけど、ライヴ前に変な心配事は少しでもない方が良いので、Tさんに診てもらうためにHに持っていく。「大丈夫」と言ってもらえればOKだし、ネックが反っているとなれば調整してもらえば良いだけの話。
やっぱりネックが反っているというので、ネックの調整とブリッジを調整してもらうことになった。
15分くらいで調整は終了。
取り敢えず不安がひとつ除かれたので、次はペダルジェッティーのセッティングの調整に時間を割こうと思う。

サルベージ

実家に置きっぱなしだったギターのパーツを1/3持ってきた。

シャーラーのパーツが多いなぁ。
他にもファイヤーバードのトレモロにバダスのブリッジにジャズマスターのアセンブリ一式に…
あー!一見アクティブ風のパッシブピックアップは置きっぱなしだった!
しっかし、このパーツ類は、また使うのかなぁ…

ポジション

ライヴのためにずっとレス・ポールを弾いていたので、久しぶりにストラトを弾いた。
弾き易い。
あれだけ弾きにくかったのにおかしいな…
あ!ストラトだと、ギターの位置が高いんだ。
レス・ポールは低く構えた方が格好良いので昔から低めに構えていた。ストラトはレス・ポールと同じピッキングの位置にしたら、ギターを構える位置が高くなったんだ。
肘がボディに固定されて、妙に弾き易いぞ。
そんな発見。

ポール師匠

愛人というよりも本妻です(笑)

Gibson Les Paul Custom '74

いつのまにかポール師匠と呼ばれるほど、音に関しては絶賛されています。

21歳のときからライヴや自宅を問わず愛用をしているので、塗装も軟化していますし、色も黄色くなってしまいました。

ランディ・ローズの誕生日にあわせて、’91年の現地時間で12月6日(日本時間7日)に買いました。

入手してからは、このギター以外でライヴに出演をしたことがありませんし、他のギターでライヴに出るのはとても不安になるほど身体に馴染んでいます。

本当に換えの効かないギターなので、何かあったらどうしようと、いつも私をビクビクさせています。

’74年製で、たぶんフルオリジナルです。

Gibson Les Paul Custom '74

15フレットにはTWENTIETH ANNIVERSARYの刻印があります。

大きな声では言えませんが、嫁より大事なギターです

出番です!


前回のスタジオでの音源を聴いていて、21歳のときから愛用している’74年製のレス・ポール・カスタムを引っ張り出してきた。
次回のライヴで、ストラトを使うのは見送ることにした。
ストラトをライヴで使うのを見送った理由のひとつは、バンド全体としてのボトムの足りなさ。
正直、トミーはとても上手いベーシストだと思うし、普通に弾いているだけでも及第点以上のプレイをすると思う(あまり誉めると図に乗りそうなので、このくらいにしておこう)。
でもねぇ、たまにボトムが足りないのよ。
で、ストラトだと不安になってくる。
もうひとつは、慣れの問題。
レス・ポール以外のギターをライヴで使うのは本当に怖い。
今の自分が全然ストラトになれていないことを痛感しているし、ギターの操作に注意を払うのなら、曲を演奏することに集中したい。
もっと弾いて慣れないとなぁ。
最後の理由は、2番目の理由に近いけど、どんなギターを弾こうと、基本的に全て同じ音になる。だったら、わざわざストラトを使わなくても良いんじゃないか?と思ったりして。
そういった理由で、ポール師匠の出番になりました(笑)

ストラトを弾きはじめた訳

今までストラトほど弾き難くて出来の悪いギターはないと思っていた。ボディはデカイし、ネックは長いし、スイッチ類は手に近すぎるし、造りもD.I.Y.的で適当さ爆発だし。
それに好きなギタリストの大半がギブソン系のギターを使っているというのも大きい。
で、レス・ポールからストラトにスイッチした理由は、様々な理由とタイミングが重なっていった感じ。
ことの始まりは、去年Truthのオリジナルストラトを店頭で弾いたこと。
Tさんに勧められるまま試奏してから(これがとても危険)、妙に気になりはじめていた。ネックの握りが今まで触ったストラトの中で一番しっくりいったし、違和感が全然なかった。3日ほど考えて思いきって買ってみたけど、それがメインになるなんて思わなかった。
そして、キーボーディストのOさんの参加。
Oさんにはガンガン弾いてもらっていたので、今まで使っていたギブソン系のギターだと音がぶつかる。ギターの音のレンジをずらして、キーボードが入り込める隙間を空ける必要が出てきたので、「良い感じのストラトも手に入れたし、ちょっと音を変えようかなぁ。憧れのハーフトーンも出せちゃうな」なんて最初は軽い気持ち。
去年の4月に「巨大なオレンジ色」ことKADOさんと会ったのが運の尽き(笑)
ずっとストラトを弾いてきた人のアドバイスは、とても参考になったし、チャレンジしてみたくなった。
そこへ、ここ1年ほどのニューヨークパンク熱。
久しぶりにロバート・クワインやテレビジョン、それにトーキングヘッズなんかを聴いていたら、昔はあれほど嫌いだったペラッペラでたいして歪んでない音が格好良いと感じていた。
特に、ここ数年は取り憑かれたようにクワインを結構聴きまくっていたので、余計にそう思ったのかもしれない。
これはストラトに行くしかないでしょ。
とはいうものの、今度のライヴをストラトで演るのは怖い。目をつぶっていても操作が出来たレス・ポールと違って、始めからやり直しなので、チャレンジというよりも冒険。
鬼と出るか蛇と出るか…

今日のスタジオでストラトを歪ませると、いつもと同じトーンになっていることに気が付く。
ちょっぴりクランチ気味で比較的クリーンな音だとストラトらしさが出て良い感じ。
でもソロだととても物足りない。
悩むなぁ。
基本的にギター1本で全てを完結させたいのと、ソロのときにエフェクターで歪ませたりすると、ピックアップを変更しなくなりそうで嫌。
ピッキングでトーンを変えられるほど器用じゃないし、やっぱり自分の中ではバッキングとソロではピックアップを変えて音色を変えたい。
それに歪ませていつもと同じトーンならストラトを使う意味がないし、かといって不満を抱きながらクリーンで弾くのも違うと思う。
難しいなぁ。
ストラトは手強い相手だとしみじみ思った今日のスタジオでした。

迷いどころ

このところ楽天とヤフ-オークションで「安いストラトはないでしょうか?」と思いながら眺めている。
予算は送料と合わせてジャスト1万円(笑)
それ以上出すくらいなら、メインのストラトのトレモロかピックアップの交換か、SEのトレモロを交換したい。
で、1万円前後のギターでフォトジェニックはどうかと考えたけど、どうもネックが細くてボディが重いらしい。
欲しいギターと正反対(笑)
ふと、安ギターを買って、どれだけ持っているポテンシャルを引き出せるか挑戦してみようかと思い立ったりもしたけど、出来ればあまりチャレンジャーにはなりたくないなぁ(笑)
なんていいつつもチャレンジャーになるか無難にいくか、迷いどころ。

スイ~ト

昨日のスタジオにもストラトを持っていった。
どうもソロのとき使うフロントの音があっさりしていて物足りない。
ハムバッカーの甘い音が好きなので、ピックアップの交換を考え始めている。
シングルサイズのハムバッカーは、見た目も嫌いだし、ストラトに持ち替えた意味がなくなるので避けたい。スタックタイプも避けたいところだ。
シングルで太い音というと、モンスタートーンが有名だけど、あのでっかいポールピースが好きじゃない。
見た目はヴィンテージスタイルでハムバッカーのような甘いトーンが出せるピックアップがあると良いなぁ。
そういえば、今日のスタジオでのギターの音は、ストラトらしさが皆無だった。
どう聞いてもいつも出している音。
本当にどんなギターを弾いても同じ音なのでつまらない。
いつもどおりの音が出せるくらいそれだけストラトに馴染んできたのかもしれないと、考えるようにしよう(笑)

幸せな男

実は、いま家で気軽に弾ける安いストラトを物色している。
大切に使っているつもりでも結構ぶつけたりするので、ぶつけても私がヘコまない物がいい。
しかも安ければ安いだけ嬉しい。1万円以下だと嬉しさ倍増だ。
ただし、条件がある。
・U字シェイプで、厚みがあること
・軽いこと
・エボニーかローズウッド指板
・ボディはアルダー
我が儘言い放題。
この前、少し試奏をしたレジェンドのストラトは、思ったよりも重かったし、バッカスはネックが薄すぎて遠慮したい。
家にあるフェンダージャパンのストラトはネックが薄いのがしっくり来ないし、トーカイのストラトはメイプル指板で気持ち悪いし、何よりも漬け物石かと思うほど重い。
カタログを見ているときが一番幸せな男なので、しばらく物色を楽しもうと思う。

アコギ

妻が、アコースティックギターを弾きたいと言いはじめたので、ギターを物色している。
死ぬまでエレキ・ギターをラウドに弾いていたいので、自分がアコギを弾くようになったらお終いという感覚がある。
そんななので、アコギは興味がないので全然判らない。
取り敢えず本人の好みもあるので、どんなギターが良いのか尋ねてみると、3つほど条件を出された。
1.弾いていて指が痛くならない
2.小さい
3.安い(1万円以下)
値段以外は、ギター初心者としては至極当然な条件。
確かに10代で始めるのではないので、情熱だけでなんとかなるようなものではないと思う。そうなると指が痛くなったら挫折しそうだし、小柄(146センチ)なので、大きなボディは弾きにくくて、挫折の速度を速めそう。
そう考えると、ナイロン弦で小ぶりなギターだよな。
最初はYAMAHAのギタレレを考えてみたけど、どうせならもっとあるんじゃないかと探してみる。
SyairiのYCM-16AngelicaのCG-11TAKAMINEの Cooder CG-341と、結構な種類が出ている。
明日あたり、楽器屋に行っていろいろと見てみようかなぁ。
余計な物を買いそうでちょっぴり怖い(笑)

満足

ふと気が付くと、最近ギターを買うことへの興味が薄れつつある。
どちらかというとカスタマイズの方に興味がシフトしてきた。
結婚をしてから、今までのようにギターを買えなくなったということもあるけど、満足できるギターを入手できたというのが大きい。
で、今回満足しているのが、4月に買ったストラト。
何度も書いているけど、私とフェンダー系のギターとは相性が悪い。私のなかでフェンダーのギターは、良くも悪くもギブソン系のような手間暇をかけずに作られた大量生産品。
そんな感覚があったので、今まで何本かストラトをもらってきたけど全然満足できなかった。お金を出して買った唯一のストラトだったフェンダージャパンのものも今ひとつ。
で、あのショップオリジナルのストラトに出会うまでは、ストラトには興味が全然なかったし、オールド以外は買う気もしなかったいくらい。
そういえば、とんでもない額をかけてレストアをし、最終的にはローラー化されたジャズマスターも何だかんだいって気に入ってる。
今年は、満足できるギターに巡り会えて幸せだったなと、しみじみしたりして。

あ、あれ?

Legendのネックを活用するためにボディを買った。

軽いと評判の桐ボディ。あまりの軽さにビックリだ。
さて、ネックを取り付けて徐々に組み立てていこうっと。
と、思ったら1ミリくらいネックが太くて付かない…orz

使えないパーツが増えただけだよ…orz
ネックを削ろうかなぁ…でも失敗したら嫌だしなぁ…
どうしよう…

D.I.Y?

Jazz Masterに取り付けようと思って落札をしたのに結局使わず終いだったLegendのネックをこのまま埋もれさせるのが勿体ないと考え始めた。
安いボディを落札して適当なストラトでも作ろうかな。
ピックアップ、ポット、ジャックなどのパーツは余っているし、来月にはSE STANDARDのトレモロを変更するので、大抵のパーツは揃うことになる。
問題は、半田付けが出来ないことだけど、これを機に練習すればいいし、いいかもしれない。
足りないパーツを徐々に集めて組み立てていこうかな。
精度の悪い酷いギターが出来上がりそう(笑)

教え

5月にKADOさんにお会いしたときにストラトの使い方を教わった。
そのときに言われたのが「センターとフロントで良い音を出せなきゃダメだ」
力の限り天の邪鬼な性格なので、普段ならそういうアドバイスはまるっきり聞かないけど、アドバイスをしてくれた相手が、私がラブラブ光線を出しまくっているKADOさんということもあり今回は素直に聞いて実践している。
一部、リアとセンターのハーフトーンは使っているけど、基本的にバッキングはセンターで、ソロをフロントで弾いている。
昨日のスタジオで歪ませて弾いていて、結局何を弾いても同じ音しか出していないのを再確認して、良い音の基準は、人によって違うので、自分的に気持ちの良い音が出せていたらOKなのかなぁなんて思ってみたりして。
ところで、ストラトにスイッチをしてから、1曲の中でも出来るだけ各ピックアップを使うように意識をしている。レス・ポールと違って3つもピックアップがあるので、最低でも3つのトーンが出せるので、曲の中でも変化がつけられると思うから。
リアしか使わないなんて勿体ない。
しっかし、ストラトはやっぱりデカくて弾きにくいギターだな(笑)
でも、いつか弾きこなしてKADOさんの尻尾くらいにはなりたいなぁ

うぉ

トーカイのコンポストラトのレストアの価格をざっと計算してみた。
トレモロ Wilkinson VSVG-N:\13,500
ピックアップ SEYMOUR DUNCAN APS-1×3:\18,900
ピックガード ALLPARTS JAPAN No.1 P/G ST62 TS 3Ply:\3,650
ペグ SPERZEL GTR TRIM LOCK SATIN CHROME :\8,800
----
合計\44,850
あいたたた。
これにネックの代金を考えると、かる~く9万円とかかりそう。
もう5万円くらいプラスしたらストラトかテレキャスをオーダー出来るなぁ…orz

出戻り

甥に貸していたギターが戻ってきた。

トーカイのボディにフェルナンデスのネックが付いたストラト。

このギターは以前勤めていた会社の上司に頂いたもので、確かミッキー・カーチスの息子さんが所有していたものらしい。

そんなストラトだけど、見た目が大嫌いなハゲタカリッチーのストラトやクラプトンの貧乏くさいギターみたいなので、大改造をしようと思い立つ。

独身のときと違って一気に改造は出来ないけど、徐々にグレードアップさせるのも楽しいかも。
予定としては、メイプルの指版は弾いていて気持ちが悪いので、ネックは交換。ローズウッドで22フレット。リバースヘッドにしたら面白いかもしれない。その時にネックのジョイントを3点留めから4点留めに変更と、ペグをゴトーのマグナムロックにしたい。

アッセンブリーは、ピックアップもどんなものが付いているか判らないので当然交換だし、ピックアップセレクターも3ウェイなので5ウェイへ変更。当然、コントロールは2ヴォリュームに変更。

ピックガードも鼈甲柄にしたいな。

目指すはこんなの

我ながら、仕事と違って荒っぽい合成だなぁ(笑)
トレモロもウィルキンソンあたりにしたらいいかもしれない。

なんて書いてはみたものの、カスタマイズを待っているギターが2本あるので、着手するのはしばらく先かな。