良い時代になったよな

今日、KORGのAX3000Gを触った。実際、コンパクトエフェクターと同じノリエディットが出来るし、説明書をほとんど読まない済むくらい感覚的に設定が出来る。ほとんどストレスを感じない操作の良さに驚く。音もさすがコルグといった感じ。これが20,000円以内だなんてコストパフォーマンスが本当に良いな。

昨日弾いたバッカスの一番安いストラトも思った以上に出来が良い。ネックの仕込みはFなんですとかFだーじゃぽんなんかのアバウトさとは比べものにならないくらい。このメーカーを知らなかったけど、ナットとトレモロの調整や内部配線の交換をすれば、相当いい鳴りをしてくれるんじゃないかと期待できるほどメーカーとしてのプライドを感じる造り。

ただ、ネックが薄すぎて弾きやすいけど握り心地が好きな感じじゃなかったのが残念。

そんなストラトの出来の良さに改造用でテレキャスタージャズベースを買おうかなと思っている。下手なFだーじゃぽんよりもハズレそうもない。テレキャスターは、フロントをハムバッカーにしてコイルタップスイッチを付けたいな。ジャズベースはフレットレスに改造かな。それと塗装は厚めだと思うので一度剥がした方が良さそう。この値段ならそんな改造も躊躇なくできる。

それにしても名前にさえこだわらなければ、5万円で結構なクオリティの機材が揃えられるだなんて、良い時代になったな。

====

【今日の1枚】
偉大なる大英帝国の小銭稼ぎバンドASIAの「The Very Best of Asia
3分間プログレ?いいや、大映テレビの主題歌詰め合わせだろ?

莫迦は死んでも莫迦なんだろうなぁ

昨日、Kさんからランドグラフクローンを受け取る。

あまりの仕上がりの良さに開口一番「格好良い!」と言ってしまう。Kさんは「もうこの塗装はやりたくない」と言っていたけど、それにしても格好良すぎ。Kさんが「売りたくないくらい出来が良い」って言っていた理由がよく判る。

家を出るまえに欲しかったケン・ジョーダンのCLASSIC10Nが在庫有りになっていたのでサウンドハウスに早速注文。

今朝届く。

同じ価格帯のアンプに比べると木製キャビネットは高級感があるし、革の取っ手もイカしてる。もう見た目だけでノックアウトだ(笑)充電式だから、茶の間でゴロゴロしながら弾くにもいいかも。

これから音を出してみよう♪

それにしても無収入なのに機材を買ってどうするんだ(笑)

ギターバカは死んでも治らないんだろうなぁ。

====

【今日の1枚】
パクリの王様、布袋も当然パクったSigue Sigue Sputnikの「Flaunt It
やっぱり欧米のバカはスパークしてるな。

大人買い

いつも買っていた店のジョージL’sの赤が200円も値上がりしていた。

ショックビック。

メーター600円は出せねぇよ。

なんて思って近所の楽器屋に行くと5センチ16円と書いてある。

掛け算すら怪しい頭で計算してみるとメータ-320円!

今までで一番安いじゃん。

取り敢えず10メーター大人買いしてみる。

エフェクターボード

これでしばらく安泰かな。

明日、ブラス製のL字プラグとプラグカバーを渋谷まで買いに行こう。

積み重ね

今日、オーディオ用電源タップと組み合わせて使う電源ケーブルが届く。

ベルデンのケーブルに明工社のホスピタルグレードのコンセントという高級品。

それはもう安いタコ足を使うことに比べれると音が全然違う。

前にも書いたけどにシールドもベルデンで、ジャックはスイッチクラフトの無半田のもの。

パッチケーブルはジョージL’s。
元々はアンプにダイレクト派なので、少しでも音をスポイルすることなくアンプから出したいので、音に直接関係のない部分もケチらないでいる。この少しずつの積み重ねが、結果的に大きくなると思う。

オーディオ的に良い物が決して音楽的に良い音になるとは限らないのは分かっているけど、試してもいないのに、したり顔で、そんなことをヌカすのも嫌だし(笑)

いい音を出すにはケチっていたらダメ。

今の私のモットー。

シールド

シールドを買った。
TRUTHの特製品で、ベルデンのケーブルにスイッチクラフトのプラグ。しかも作業工程を見ていたら一切半田付けをしていない。5メートル11,000円も納得できる。カナレのケーブルと比べると、中音域から低音域が固まりのようになって出ている。しかも抜けが悪い訳じゃない。安いほう(5メートル7,000円)と聞き比べても好きな音。ま、気持ちの問題かもしれないけどね。取り敢えず、しっかりした作りだから安心。
出来るだけ良いシールドやケーブルを使うのは、エフェクターでスイポルされる音を少しでもアンプにダイレクトな音に近いように保ちたいから。本当は何もかませないでアンプにダイレクトが好きだけど、そうもいかないし(笑)
これで、あのリズム隊に負けない音が出るかな?

弦は、ずっとGHSのNICKEL ROCKERSを愛用している。太さは010〜046のセット。

一時期、アーニーボールのSLINKY TOP HEAVEY BOTTOMに浮気をしていたけどNICKEL ROCKERSのブライトな響きが好き。音の分離も良いし。

同じGHSのBOOMERSやアーニーボールのような粘りも捨てがたいけどね。

ところで、この前、ポール・リード・スミスの弦を張り替えたらチューニングがとても安定しなくなった。説明書を見てみると009〜のセットを張ってくれと書いてある。

そんな柔な弦は持っていないので、仕方なくBOOMERSの009〜042という柔なセットを買う。

010〜046よりも細い弦って使ったことがないので、ちょっと不安。本当なら010〜052を使っていたいけど、ネックが悲鳴をあげるので、〜046で我慢している。

それにソロをタリタリ弾くタイプじゃないし、カッティング命だから、リズム隊に音の太さで負けたくない。
太い音を出すには太い弦!

物凄くアナクロな考えをしている自分がちょっと嫌(笑)

高級品

秋葉原のトモカ電気
George L’sの赤を2メートル買った。
1メートル400円。
そこまでは良い。
なんでコネクターが1個560円で、
帰りによったお茶の水で買ったコネクターカバーが320円なんだ。
高いぞ。
結局、数本のパッチケーブルを作るのに1万円近くが吹っ飛んだ。
泣けるなぁ。
これも音のためだと思えば高くはないかと
ムリヤリ自分を納得させている。