シグネチャー

ギタリストK氏のシグネチャーモデルで、原型はMXRのディストーション+をコピーしようとしたらしいもので、基板もなくホットボンドでICをガチガチに固めてあった「奇跡のブースター」と呼ばれているもの。
その「奇跡のブースター」を、針を使って抵抗値を丹念に解析して完成に漕ぎ着けたという苦労まみれのディストーション。

リクエストでキャンディ系のブルーにしてもらった。

筐体にはK氏のトレードマークとなるモグラのイラスト。
ゲインフルより少し手前から音漏れがするけど、音漏れをする箇所を避けて使ってみると予想以上に素直な音で、いろいろなシュチュエーションで使えそう。
メインボードの歪みとしてしばらく使おう。
Kさんといえば、数年前に日比谷野音の楽屋で紹介をされた。まさか20年前にライヴを観たひとに「うちのバンドのギタリスト」と紹介されるとは思わなかった。
それはもう土下座をして「私はただの派遣社員です」と謝りそうになったほど。
あのときほど主任の首を絞めたくなったことはない(笑)

間に合った

一昨日、MKCさんからテスト機が届いた。
明日の大阪行きに間に合った。

急遽作ってもらったのと、「出来るだけ安く」とリクエストをしたので、LED、ACアダプターのジャックは無し。ジャックやスイッチもプロトタイプとは違うものを使っている。

エフェクター裏。

所有しているプロトタイプと並べてみる。
塗装もシルバーの下地だけで、コントロール類の説明も手書きだけど、それが意外と格好良い。
音は、ファズらしくチリチリして、暴れる感じ。プロトタイプとテスト機ではコンデンサーが違うので、例えるならテスト機はグヤトーンのTheFuzzのような音で、プロトタイプはMXRのDistorstion+みたいな音。
音の抜けでいうと、プロトタイプには敵わないけど、比べなければ判らないくらい。
このテスト機は、明日からKADOさんのところへ行き、戻ってきたら次は三日月さん。三日月さんが試したあとに三日月さん経由で某ミュージシャンの元へ行く予定。
そのあとの貸出先は予定は未定だけど、戻ってきたら大改造をしてもらい本格的なテスト機にしてもらう予定。
どんな反応になるか楽しみだけど、怖かったりもする。

オチ

えーっと、昨日のエフェクターの話ですが大嘘です。
はい、エイプリルフールです。
騙された方、残念でした(笑)

実はアメリカの安物メーカーのトレモロで、見た目と違って音は普通という非常に見かけ倒しなヤツです(笑)
ちなみに画像は合成で、合成前の画像はコレです。

KADOさん、5日に会っても殴らないでください。

幻のレアエフェクター

実は、エフェクターをいろいろと集めていると、とてもレアなものに出くわしたりします。
最近知り合った某メーカーのエンジニアの方に頂いた、試作品のオクターバーがあります。
当初OC-3はアナログでのポリフォニックを実現しようとしたそうです。しかし、基板が大きくなり、デザインテイストは残したまま筐体も基板の大きさにあわせて大きくなってしまったそうです。

画面中央が、そのアナログポリフォニックオクターバーです。
試作品なのでツマミやネジが製品とは違いますし、色もメタリックではありません。
初期の試作段階のものということでした。
結果的としてアナログでのポリフォニック化は諦め、デジタルとして製品となったそうです。
音は、アナログとは思えないくらい正確にポリフォニックを再現し、音の追従性もOC-3とは比べものにならないほど良く、なぜこのエフェクターを製品化しなかったのか不思議でなりません。
世界初のアナログ・ポリフォニック・オクターバーとしてセンセーショナルに宣伝が出来たはずですし、POGに勝るとも劣らないその音質は、オクターバーの可能性を広げたと思います。
あまりにもレアなプロトタイプですので、公開するのを躊躇しましたが、せっかくなので公開をしてみました。

傑作

MKCさんの自信作ファズブースターが届く。

今回は、製品化の前のプロトタイプとして製作してもらった。

シリアルナンバーの後にプロトタイプを表す「P」の文字。
家に帰ってきてから音を出してみる。
凄い!
コントロールはファズとブースターそれぞれのドライヴとボリュームだけ。
それにも関わらず組み合わせ次第でとても多彩。
ファズもコントロールしやすいし音はとても素直。
大メーカーと違ってソツもあるけど、扱いようによってはいくらでも楽しめる。
もう歪みは買わなくて良いかなと思うくらい。

パッケージもプロトタイプ

パッケージに付いていたシール。可愛い。
これを近々一般販売するということだけど、販売価格はそんなに高くないし、必ず売れると思う。
でも、「わかっているアマチュア」よりも、KADOさんや三日月さんのようなきちんとしたプレイヤーに使ってもらいたいエフェクター。
今度のスタジオで大音量で鳴らすのが楽しみでしかたがない。

全力投球

今回オーダーしたものは、ツマミが6つもあるディストーション。
製作依頼から2ヶ月と、珍しく時間がかかった。
土曜日に取りに行ったけど、ACアダプターのジャックが初期不良だったので、いきなり送り返すというアクシデントがあったけど、昨日無事届いた。
ビリヤードをモチーフとしたデザインに見た瞬間、笑った。

6つもあるツマミのあいだにON/OFF用LEDだけでなく、クリッピング用のLDEも出ていて、クリッピング具合が判るという凝ったデザイン。
しかも今回はノートをビリビリと破いて書いた手書きの説明書付き。
MKCさんがビッグになったら、説明書は高値でヤフーオークションで売り払おう(笑)
しかし、このデザインをMXRサイズに収めるなんて全力投球だな。採算あわなさそう。
MKCさんの採算度外視な全力投球っぷりに感服する。
音は、扱いやすい感じで、アンプのコンプレッション的な音も出るし、フィードバックも綺麗なので、今度大音量の中で試そう。
それにしてもこのツマミは、どれくらいツマミを動かしているのか判らなくて、結構不便(笑)
でも、面白いから可。

P-Modelみてえ(笑)

あまりにも寒いので、家でmkcさんに作ってもらったリングモジュレーターで遊ぶ。
適当に弾いていたらP-Modelが使っているアナログシンセみたいな音がでた。

※Safariでは↑のプレイヤー自体出てこないみたいです。
mozilla系ブラウザFirefoxで見るとプレイヤーが出てきます。

おぉ!俺いまとても平沢進じゃん!と、物凄い勘違いをしながら弾いていると、綺麗な音になる箇所があることに気がつく。
綺麗なトーンが出るところだけ使って、なんとか曲中で使いたいなぁ。
ちなみに平沢進なフレーズの元はコレです(笑)

※Safariでは↑のプレイヤー自体出てこないみたいです。
mozilla系ブラウザFirefoxで見るとプレイヤーが出てきます。

ちびっこ好き(三日月さんに捧ぐ)

MKCさんにオーダーをしたリングモジュレーターとスルーボックスが今朝届いた。
今回のオーダーでは「出来るだけ小さなものを作って欲しい」とお願いした。
封を開けて思わず「可愛い」と言ってしまったくらいコンパクト。

DODのオーヴァードライヴと並べて撮影。
MXRサイズと並べてもその小ささがわかると思う。これならエフェクターボードの中でも邪魔にならないし、良い感じ。
今年もMKCさんは良い仕事をしています。
それにしてもリングモジュレーターどこで使おう。
使い道よりもオーダーが先という行き当たりばったりな性格全開(笑)

気持ちが表れている

そんな足元

KORGのチューナーにダブルサウンド、それにダンエレクトロのコーラスのみ。

しかも並べかたも適当。

そういえばトミーがヴォーカルに挑戦したけど、和田勉という言葉がよく似合う大惨事っぷり。

ヴォーカル早く決まらないかなぁ。

そんなことをしみじみ思ったりした。

物欲万々歳!

このポッカリと空いた穴を埋めるには、物欲を満たすのが一番!
という訳でKORGのKAOSSILATORを買ったですよ。
KAOSSILATOR
タッチパッドを中指でグリグリと魅惑的な動きで触ってノイズ出しまくりですよ、奥さん。
これに封も開けていなかったBOSSのRE-20 を組み合わせれば、さらにストレンジですたい。
RE-20
今月、金もないのに軽く10万は機材に費やしている気がする。

ラーガ

多分今年のシメとなるMKC製エフェクターを引き取りに都内某所まで行った。
今回はシタールシミュレーターのJAWARI

メチャクチャ小さくて可愛い。
しかも音は、良い感じにシタール。
ただ、どのシタールシミュレーターでもそうだけど、普通に弾いてもシタールな音にはならない。1から3弦をベンドしてスライドしてグリグリと弾いてなおかつペダルポイントの音は出しっぱなし。
それでやっとそれっぽい音。
ところで、MKCさんと知り合って1年ちょっと。去年の今ごろ最初のエフェクタージェッティー君を受け取ったんだよな。
あれからMKC製のエフェクターを今年はいくつ買ったんだろう。
これからもよろしくお願いします。
そんなこんなです。

客席からは

こんなふうに見えるのね....

エフェクターボード

見やすいように明るくしています。

それにしても手作り臭プンプンなうえに線だらけ(笑)

そんななかでも主張する「MKC」の文字!(笑)

この画像をお送りいただいたOさんに感謝です。

Oさんといえば、ドラマーが脱退して活動休止中ということだったので、うちのバンドに引きずり込もうと画策していた。

いま欲しいメンバーとして「ギターを弾けるキーボーディスト」というのにピッタリだし、キーボード兼ヴォーカルなので、コ-ラスもバッチリだ。

性格や考え方もうちのメンバーと合うし、済し崩し的に加入させようと思っていたら、すぐにドラムが決まった。

活動再開はおめでたいけど、ちょっぴり残念。

半年ぶり

いよいよ明日はバンドとして半年ぶり、今のメンバーになって初めてのライヴです。

エフェクター・ジャンキーとして明日はこんなセッティングで挑もうかなぁと。

エフェクターボード

繋ぎ順。
KORG:DT-10BR

MKS:ペダルジェッティー→Guyatone:MT-3

Roger Mayer:Red Lion Wah

Xotic:AC-Booster

Digitech:The Weapon

t.c. electronic:Stereo Chorus +

ギターからエフェクターとエフェクターからアンプまでの入出力はNoahSARKのTHRU-BOXでまとめている。
多そうに見えても必要最低限。
で、どの曲でどのエフェクターを使うかというと

・Break on through
コーラスをイントロとソロに使って、途中のテンションコードでのカッティングでも他の音に馴染ませてヴォーカルが歌いやすいように使用。

・Come Together
ワウのみ。

・GLORY GO!GO! GIRLS
コーラスとThe Weponを一部でちょろっと使います。

・Have You Ever Seen The Rain?
エフェクターは相変わらずなし。

・Lip Stick
コーラスはかけっぱなし。単音リフとソロで1オクターブ下を足すためにThe Weponを使用。

・One Of These Days
バッキングはコーラスで、サビはAC-Booster。エンディングでペダルジェッティーをガッシリ使います。

・Search And Destroy
サビでコーラス、エンディングはペダルジェッティーが大活躍。

・So You Want To Be A Rock’N’Roll Star
歌のバッキングでコーラスを使って、ソロではThe Weponで1オクターブ下の音を追加。

・Whatcha Gonna Do About It
イントロでちょろっとAC-Boosterを使うかも。
手の内を明かすのもどうかと思うけど、取り敢えず見に来てください。

初のインプレかも

MKCさんにサンプル&ホールドと4mspedalsのクローンのインプレをしてくれというリクエストがあったので、取り敢えず書いてみようと思います。
まずは「サンプル&ホールド」
まずはツマミを適当に動かしてピンスイッチでエフェクター音を確認。
ワウモードらしきほうで弾いてみると、とても自分が下手になったような感じ(笑)
「自分以上に気まぐれな奴を発見!」といいたくなるくらいランダムにワウの音がする(笑)
オートアルペジレーターのような音も使えそうで使えない音(笑)
音漏れがあるのとLEDが付いていないので、そのあたりは相談して改良してもらおうかなぁなんて思ってる。
次はストレンジ界の巨人4mspedalsのクローン。
2時間くらい夢中で遊んでみた感想は、この機械だけでライブをやったMKCさんの気持ちがよくわかったということ(笑)
TB-303が壊れたようなそんな感じ。
自分が使うとしたらツマミの位置をもっと分かり易く配置したいし、ON/OFFスイッチが欲しいところ。
そのあたりをカスタマイズしてもらえたら買っちゃうなぁ。
そんなこんなです

デンジャーデンジャー

諸事情で預けてあったジェッティー君と、定収が確保できた途端に押さえたサンプル&ホールドをとりにMKCさんに会いに行った。

サンプル&ホールド。綺麗な筐体だけど、ストレンジな音を出す毒キノコのようなエフェクター。
一緒に前々から音を出してみたかった4mspedalsのクローンを貸してくれる。

ツマミだらけで見た目からしてデンジャーな逸品。
なんか買っちゃいそうな自分が怖い。
あー、でもMKCさんには他にもエフェクターをお願いしたいんだけどな。
どうしよう。
揺れ動く乙女心(笑)

いかんぞ

YAMAHAのDG-Stompを「アンプシミュレーターだし、マルチエフェクターだから便利かも♪」なんて思って買い込む。

いかん!いかんぞ!
こんなに重いのを持ってスタジオに行く訳ねーじゃん、俺。
UD-Stompで懲りているハズなのに学習能力ゼロ。
ちょっとだけ使ってみた感想は、「さすがYAMAHA」。
ライヴでの操作性には疑問が残るけど、結構使える音で使わないのは勿体ないと思わせるほど。
こうやって機材がまた増えていきます。

1ヶ月ぶりのスタジオ

3時間だったのでヘトヘトです。
今回導入をしたTECH21のTRI-ACですが、銭ゲバブログで、 断つ海苔さんに教えていただいたとおり、バンドのアンサンブルの中では若干の音の抜けが悪く感じ、セッティングを煮詰めないとなぁなんて思いながら弾いてた。
TECH21のTRI-AC
ギターのリアでバッキング、フロントでソロと、それぞれ音量を変え使い分けていたので、リアピックアップのみでペダルだけでの音量の変更は便利だけど、音の変化がなくて物足りなかったりもする。
フロントの太くて甘い音好きなんだよなぁ。
それと、MKCさんに作ってもらったペダルジェッティー(旧名ジェッティー君2)も、美味しいポイントが見付けられずに試行錯誤の連続。
どうしよう上手く発信しないよ。
取り敢えず深刻に考えるのやめて来週のスタジオ入りにそなえよう(笑)

また始まった

ワイヤリング前のエフェクターボード。

エフェクターボード

今回のセッティングは
Guitar

KORG:DT-10BR

MKC:ジェッティー君2→KORG:DT-4

Roger Mayer:Red Lion Wah

TECH21:Sans Amp TRI-A.C

t.c. electronic:Stereo Chorus +

AMP

目玉はジェッティー君2とTRI-A.C(笑)

ジェッティー君2は、パラアウトなので、片方の信号はコルグのチューナーで音程の確認が出来るようになったので、今までのように耳を頼りに音階を探していたときよりも正確なノイズが出せる(笑)

MKC ジェットモグラ

YAMAHAのワウの筐体に組み込まれたジェッティー君2の雄姿。

素敵です。

MKCさん、いつもいい仕事です。

TRI-A.Cは、3タイプの音をプリセットできるので、クリーン、バッキング、ソロと設定をしておけば、便利で楽ちん。

しかし、定収入が入るようになってから、またエフェクターボードいじりの病気が始まったきがしてならない(笑)