What’s マイケル富岡

みうらじゅんの書く内蔵飛び出したカエルの名前をタイトルにしてみた(笑)
で、マイケル・ジャクソン急死のニュースは、ある意味ショッキングだったけど、「とうとうきちゃったね」という感じでもあった。
全然ファンじゃなかったけど、追悼番組を見ていて、思ったよりも知っている曲が多かったのにも驚いた。
ところで、マイケル・ジャクソンは、マイク・タイソンとダブってしまうときがある。
何かの本で読んだことで、マイケル・ジャクソンとマイク・タイソンは、黒人社会で物凄く嫌われているという話。
簡単に言ってしまうと、大儲けしたのに黒人社会に何ひとつ還元していないというのが、嫌われている理由。結局、二人ともハメられたという話だけど、どれだけ信憑性があるかは疑問(笑)
でも、二人ともそのキャリアを棒に振るようなスキャンダルにまみれて、本業よりもそっちのほうが話題になったのは悲しいことだと思う。
特にタイソンは、カス・ダマトがもう少し長生きしていたらと思うと、悔やんでも悔やみきれない。
それと、マディ・ウォーターズがロック寄りなアルバムを作ったときに相当の圧力があったという話などの黒人社会の厳しさの話を少し聞いたことがある。アメリカの黒人が’60年代に白人の音楽ロックを演奏することは、相当覚悟が必要だったのかもしれない。そう考えると、ジミ・ヘンドリクスがロックを演りたくてイギリスに渡ったことは納得が出来る。
黒人社会から脱却をし、見てくれも白人に近づこうとしたマイケル・ジャクソンは、黒人社会から見たら裏切り者だったのかもしれない。
とはいうものの、黒人の友人がいる訳ではないので、想像の域は出ないけど。
良くも悪くもイノベーターだったんだろうなと思いながら、追悼番組を見ていた。

サイケデリック

メンバー募集を見ているとやたらと「サイケデリック」という言葉が氾濫していた時期があった。
ビートルズの「Tomorrow Never Knows」を演奏しているけど、原曲はサイケデリックの代表的な曲だし、演奏を始めたときもやっぱりそこは意識をした。
だからといって’60年代や’70年代のあの音を2000年の今に再現したからといってサイケだとは思えない。
今のサイケデリックはなんなのかを考えた。
逆回転やワウやシタールの音を入れればサイケかと言えばNOだ。それじゃあ、ただの過去の遺産を食い潰すだけだし、形式だけのサイケデリック。
それと、ダラダラとした客を置き去りにするようなジャム的要素も排除。
そこで、自分なりに出た答えが「フリージャズ的な要素」。
ソロの最初のギターのフレーズが終わってから、各パートをフリーキーにした。1、2分のサイケデリック。
前々回のライヴではワウペダルを入れたけど、前回から入れてない。
ソリッドでフリーキーな音が、今の時代のリアルなサイケデリックだと思った。
ペイズリー柄のシャツを着てワウにファズにブルーノートだけがサイケじゃない。
そんな主張をあのソロの中に入れている。

辻井伸行さんの紹介のされ方に思う

簡単に言ってしまえば、「盲目のピアニスト」というのは、とても失礼だと思う。
技術や表現力が優れていたからバン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝したわけであり、盲目でも頑張っているからという理由で優勝した訳じゃないから(たぶん)。
だいたい、盲目のミュージシャンって結構いたりする。
自分が知っている限りだと、最近のギタリストではジェフ・ヒーリーがいるし、フォークブルースではブラインド・レモン・ジェファーソンやブラインド・ブレイクがいる。レイ・チャールズやスティーヴィー・ワンダーだって盲目だ。
日本では初代高橋竹山が盲目だ。
だからといって、高橋竹山を「盲目の津軽三味線弾き」とかスティーヴィー・ワンダーを「盲目のシンガーソングライター」なんて紹介のしかたはしないでしょ。
確かにクラシックで、盲目ではオーケストラとの共演のときに指揮棒を見られないし、曲を聴いて覚えなくてはいけないというハンディはあると思う。
でもさ、やっぱり辻井伸行さんは、盲目とかは関係なしにピアニストとして秀でていたから優勝できたと思うんだよね。
ジャンゴ・ラインハルトを例にするのなら、ギタリストとしては致命的な左手の小指と薬指が火傷で収縮しているというハンディがあったけど、やっぱり彼がプレイヤーとして素晴らしかったから、今でも聴かれ続けていると思う。
だから、ことさらハンディをクローズアップするのはどうかなって思うな。

脱却

レス・ポールを使っていたのも、ステージで上手に立つのも、ワウペダルが左側にあるのも、全てランディ・ローズの真似。

前々回から、お店のアンプの位置からステージ下手に立つことになったりしたし、前回からはストラトにスイッチした。

ランディ・ローズは、自分にとって永遠の憧れだし、ヒーローだけど、そこに止まる訳にはいかない。今回のライヴは、自分の中でのランディ・ローズへの変な思いと拘りからの脱却だったと思う。

とはいえ、またポール師匠の登場も有り得るけど(笑)

評価

前回のライヴでの評価がリップサービスや話半分だとしても、そこそこ高評価を得ているのが、未だに釈然としない。

Oさんのブログでのライヴの感想
sarutakaさんのブログでのライヴの感想

演奏自体は、やっぱり40点だと思うし、本当に酷かったと思う。それにあの程度の演奏なら酷評されてボロカスに言われていて当然。

ただ、「現象」としての「ライヴ」と考えたときにウケは良かったんだと思う。

音源を聞いてみると、主任の疲労、トンネル・キング・トミーの迷い、自分の緊張、といったネガティブな要素が今回はたまたま上手く作用をして、荒っぽいけどドライヴ感が出たんではないかと思う。

それにしても危うい均衡だ。

大失敗だって有り得たと思うし、前に演奏したバンドのルーズなノリに助けられたと思う。

一旦、演奏を始めたら出来・不出来は関係なく、あとの評価はリスナーが決めることなんだよな。

取り敢えず、今回の高評価に恥じないように次回に向けて日々精進いたします。

Dr.シーゲル

実家の片付けをしたら出てきました。

成毛滋のロックギターレッスン

初めてギターを買ったときに楽器屋でもらったけど、たぶん余り物(笑)

後々凄い人だと知ったんだけど、自分がギターを始めた’85年には、成毛滋はとっくに過去の人だったし、この教則本を見て「誰?この人?」と思ったのと、とても’70年代な古くさい雰囲気が嫌でほとんど聞かなかったな。

それにしても、この人ほどメジャーでほとんど作品を残さなかったのに、ある一定世代以上に名前を知られ、影響を与えた人もいないと思う。

うちにカセットデッキがないので聞けないのが残念だ。

そういえば、2007年3月29日に60歳で死去してから、もう2年も経つんだな。

掛け持ち

主任の掛け持ちについて質問をされたので、ブログの記事として書こうと思う。

うちのバンドは、メンバーは掛け持ち禁止。

特に今までの経験から言うとヴォーカルは必死で練習をしないと付いてこられない。掛け持ちで歌えるほど楽なバンドじゃないし、要求も結構厳しかったりする。

では、なぜ主任は三上寛さんのバンドや行方不明のヘルプがOKなのか。

三上寛さんに関しては、もし自分が明日柴山俊之に「ライヴでギターを弾いてくれ」と言われたら、自ら作ったルール「掛け持ち禁止」でも断らないから。

同じ理由で、もしトミーがグレイトフル・デッド(本物)やブラック・サバス(本物)に参加要請をされたら、掛け持ちは黙認する。

行方不明に関しては、私が行方不明の大ファンだから。

あのまま活動休止になんかさせるかよ!
もっと行方不明を聴きたいんだよ!

好きなバンドに自分のバンドのメンバーが参加をするのは、とても名誉なことだ。

それがたまたま行方不明だったけど、サンハウスやロキシー・ミュージックでも大喜びで送り出している。

同じ理由でトミーがザッパバンド(本物)やストゥージーズ(本物)にヘルプ依頼をされたら、掛け持ちは黙認する。

だから、主任に関しては掛け持ちはOKなんだよ。

不安

日曜日のスタジオにK藤のおじさんが高校生の甥っ子を連れてくる。
学校のクラブでバンドを組んでベースを弾いているそうだ。
主任にトミーに俺だろう…変な刺激になったら嫌だなぁ…
それ以上に嫌なのが演奏を聞いて「伯父さんが言っていたのと違ってたいしたことないね」なんて冷ややかに言われたらダメージ大だ。
いや、本当にうちのバンドは下手だしたいしたことないんですが、本質を突くのは止めてください。
そんな不安を抱きながら日曜日、スタジオに向かいます。

尻尾のハシ

2日の夜中にNHKで立川談誌家元の特集を再編集をして放送していた。
鬼気迫るほどの古典との格闘。
落語をほとんど聴いたことがない嫁も見入っていたほど。
私のバンドは、カヴァーバンドだということを再三書いてきた。
原曲と闘い、解釈をし、どうやって自分のものにしていくか。
今年は、家元の尻尾のハシになれるくらい原曲と闘い、ライヴで聴いた人を驚かせたい。
初めてOさんとお会いしたとき、「Come Togetherのあのアレンジは、どうやって考えたんですか?」と訊かれた。
正直嬉しい言葉だったし、素直にファンカデリックへのオマージュということを言ったと思う。
偉そうに書けば、そんなふうに今年もお客さんに言わせたい。
今年は、もっと闘い抗い続け、身を削って行こうと思う。
それと、ギターを15歳のときから慣れ親しんだレス・ポールからストラトへのスイッチをしてみようと思う。
理由は書いていくとキリがない。
ただ、新たなるチャレンジなのは事実。
去年お会いしたときに色々と教えてくれたKADOさんの尻尾のハシくらいに使いこなせるようになりたい。
「尻尾のハシくらいになれたかな?」そんな自問自答をしながら、闘い、抗い続けたい。

悲恋

妻のギターを物色しに地元の楽器屋に行った。
対応してくれたのは、一昨年の大晦日にレジにいたばかりに私にカオシレーターを発作的に購入させたお嬢さん。
凄く親切に対応してくれて、とても嬉しい。
それにしても相変わらず可愛い。
あの店員さんの前で「妻」という禁断の言葉を口にするのは勇気がいったなぁ。でも、妻の弾くギターと言わなかったら、あんなに長くおしゃべりできなかったし…
嗚呼、これが悲恋ってヤツですな。
そんな勝手な妄想。
そんな訳で明けましておめでとうございます。
あ、「男は行く」をここでやっちゃったよ(笑)

魂こがして

やっと映画「ヤング@ハート」を観に行った。
出てくる老人たちの言葉がとてもピュアだ。「歌うことが好きだ」「お客さんが喜ぶのが嬉しい」。雑念だらけで音楽をやっているのとは違い、とても真摯に音楽に向き合い楽しんでいる。
後半のコンサートシーンは、本当の意味での「Live」。
今と未来を感じるとても良いライヴ。
生い先の短い老人が歌っているからそう感じるのではなく、生きることへの熱い思いを感じるからだと思うし、何よりも音楽を愛して楽しんでいるのが伝わるからだと思う。
涙が止まらない良い映画だった。
============
家に帰ってきてから内藤大助の防衛戦を観た。
内藤と挑戦者の山口のレベルの差が凄かったけど、良い試合だった。
魂のぶつかり合い。
内藤のボクシングにはいつもそれを感じる。
12ラウンドで抱き合ってから殴り合ったポンサクレックとの3度目の試合は、泣きながら観ていた。
内藤とポンサクレックのお互いに敬意を表し、魂をぶつけ合った試合だったし、だからこそ感動をした。
============
何度も書いているけど、有名になりたい、凄いといわれたいと言った雑念だらけの音楽や目先のテクニックだけで魂を感じない音楽は、空虚なだけで、本当の意味で人を感動させたり、楽しませることはないだろう。
ライヴをただの発表会にしているようなヤツには、一生判らないだろうけどね。

スタンス

30分10曲の前座バンド。
これがバンドのスタンス。
それ以上の演奏はお客さんもダレると思う。
それにどう考えてもトリをとるようなバンドじゃないし、最初に会場を温める役目がピッタリだと思っている。
本当は出演順なんてどうでもいい。
「前座は嫌だ」とか「××番目じゃないと出ない」みたいなつまらないプライドで変なことにこだわっている人を散々見てきたけど、ライヴに来ているお客さんの80%~90%は私のバンドを知らない訳だし、何番目に出ようと関係ない。
そんなくだらないことよりも、知らないお客さんが次に観に来たいと思えるように懸命に演奏をし、楽しんでいってもらうことのほうが重要。
来年は、バンバン前座として頑張るぞ。

興味のない話でしょうが…

完全な覚え書きです。
披露宴で選んだ曲。
シーン:曲「収録アルバム」(ミュージシャン:ギタリスト)
■ケーキ入刀:Seanchas「Lore」(Clannad※この曲はギタリスト関係なしで選びました)
■乾杯:Mayor Of Simpleton「Oranges & Lemons」(XTC:Andy Partridge、Dave Gregory)
■キャンドルサービス1:Tonight「Diary of a Madman」(Ozzy Osbourne:Randy Rhoads)
■キャンドルサービス2:Girlfriend 「Girlfriend」(Matthew Sweet:Robert Quine)
■キャンドル点火:Star「Yes We Have No Mananas」(Kevin Ayers:Ollie Halsall)
■おひらき:Big Day「Diamond Head」(Phil Manzanera)
なんかストレンジデイズの特集みたい…

さぁみぃしぃなぁ

いつも更新を楽しみにしていた「Walk this way 」に終了の記事。
あーあーあーあー。
面白かったのに残念だなぁ。
先週の土曜日にライヴだったそうで、それを区切りに終わったらしい。
前々から書いていることだけど、アマチュアバンドのライヴほど時間と金が無駄になるものはないので、恩義理でも見に行くことほとんどしない。特に今年は1月に義理で行ったライヴが、救いようがないほど本当に酷かったので、LoosEVoxのイベント、行方不明、大阪ネオンナイツ(アマチュアじゃないか…)などの一部の例外を除いては絶対に行かなかった。
でも、oudonさんの恐ろしいほど言い訳抜きでストイックな練習を読んでいると、音楽的にはまるっきり趣味じゃないのに観たいと思えたし、実際に観たかった。父親の入院や結婚式がなければ観に行ったと思う。
今度はいつライヴをやるのかなぁ。
そのときはウチを前座で使ってくれないかなぁ。

選曲

披露宴の選曲をしている。
5場面で4つのシーンは、私の選曲。
結果的には、好きなギタリストオンパレード。
あぁ、ウォーレン・ククルロを入れたかったなぁとか、ザッパは却下だよなとか、マイク・オールドフィールドはどうしよう…なんて悩んだけど、最終的にはランディ・ローズ、オリー・ハルソール、フィル・マンザネラ、ロバート・クワインを選んだ。
さて、いったいどんな披露宴になりますやら(笑)

財産

実家でレコードを自室から別の部屋へ移動した。
15歳から25歳くらいまで買いまくって聴きまくったレコードが約5,000枚。ジャンルもロック、ジャズ、ブルース、クラシック、民族音楽、フォーク、アイドルと多種多様。
好きなミュージシャンが影響を受けたというミュージシャンは片っ端から聴いたし、よくある「兄弟の持っているレコードを聴いていた」とかいう環境ではなかったので、全て自分で手探りで買って聴きまくった。
この大量のレコードが、思った以上に財産になっている。
いろんなジャンルを聴いてきたおかげで主任とも仲良くなれた訳だし、浅くてもある程度の知識はあるので、適当に話には参加が出来る。
そんななので、大した知識もないのにしたり顔で偉そうなことを言っている連中を心底バカにしている。
ギターの話は饒舌だけど、音楽の話がトンチンカンだったり、好きなミュージシャンがリッチーだのクラプトンだのと「あんた一体、何年音楽聴いてるの?」と、問い質したくなるような名前しか出てこないような連中に対して「まともに音楽の話が出来るようになってから偉そうなことを言えよ」と、内心思っている。
それにこのレコードたちのおかげで、目先のテクニックで挫折することなく、20年以上も音楽を奏でることが出来たのも事実。
実家からいつ我が家に連れて行けるか判らないけど、大切な財産です。

変化と不変

昨日のスタジオでは、ストラトのクリーンのみで弾いてみた。
正直、クリーン・トーンで弾くのは「歪んでいてこそロック」というバカみたいに単純な理由とBoowy以降のビート系に対する嫌悪感もあり、あまり好きじゃなかった。
でも、今までとは違う音でのプレイは、チャレンジングで面白い。
曲によってバッキングの音をハーフ・トーンとセンターとで使い分けてみたけど、クリーンでも比較的サスティーンのあるギターなので、手数を必要以上に増やすこともなく、弾いていてあまり苦にならない。
録音をした音源を聞いていて、クリーン・トーンだろうが、弾いているのがストラトだろうが、結局は自分のトーンしか出していないことに改めて気が付く。
ギターの特色は出ているけど、やっぱり自分のトーン。
変化させたことによって、不変のものに改めて気が付かされた。

公開

楽天ブログで仲の良かったSさんのブログにYouTubeにアップしていた演奏を酷評されたと書いていた。
個人的にSさんのギターや音楽に対する純粋さは頭が下がるし、見習うべきものだと思う。それに一生懸命練習をして徐々に上達をしているのは、見ていても楽しい。
でも、それはSさんを知っているから思うこと。
演奏だけでいったら、「評価に値しない」というのが私の正直な感想。
それにどんなに良い演奏でも公に晒す以上、酷評されて当たり前と思わないとダメだと思うし、知らないひとからボロクソに言われたのなら、それが今の演奏に対しての客観的な評価と受け止めるべきだと思う。
どんなに苦労しようが、練習をしようが、最終的に出した音でひとは判断をする。
「アマチュアだから」「知らないヤツに言われたくない」「楽器も弾けないヤツが偉そうに」なんて甘ったれたことは、一切通用しない厳しさを認識していない甘い考えのひとが多すぎる。
また、酷評が怖いのなら、不特定多数がアクセスをするYouTubeにアップするのではなく、アクセス制限のかけられるところを探してアップするべきだったと思うし、そこはSさんの認識不足だと思う。
でも、記事を見ている限り、Sさんはそういう評価を反省材料として活かそうとしている。
そのSさんの姿勢を見ていると、やっぱり応援したくなる。

再会と出会い

26、27と彼女に会うために大阪に行った。
26日には奈良に戻ったU山さんと、27日にはKADOさんに会うことが出来た。
内Yさんとは2年ぶりで、相変わらず奈良でくすぶっているらしい。日本で5本の指に入るようなバカデカい音を出すドラマーだけにくすぶらせているのが勿体ない。
3時間くらいいろいろと話をして、次回会う約束をした。
KADOさんは、前回の大阪行きでもお会いをしたけど、実際にゆっくりと話すのは初めて。
思った以上に気さくでサービス精神が旺盛。
KADOさんにmkcさんのファズブースターの感想やストラトの使い方など、3時間近く話していたけど、とても楽しくて有意義な時間だった。
プロのミュージシャンだっただけに優しく楽しい言葉の裏にあるとてもシビアな視点で音楽や楽器に携わっているというのが伝わってきて、緊張したりもした。
程良く心地いい緊張。
私に対して、決して威嚇したり見下している訳ではなく、「どれだけ真剣に音楽や楽器に携わっているのか」問われているような感じ。
そして、KADOさんも求道者なんだなと思い嬉しかったりして。
11日、U山さんを紹介するけど、この二人なら凄く仲良くなれると思う。
本当に有意義な2日間だった。