ズームのマルチエフェクターG2Nuのエディター

ZOOMのマルチエフェクターG2Nu専用のエディター「Edit&Share」が、とても便利です。
今回は、専用のエディター「Edit&Share」の簡単なレビューをしてみたいと思います。
パソコンにインストールをして、G2NuをUSBでパソコンに繋げば、Edit&Shareは立ち上がります。

立ち上がった画面
画面の上がエフェクターの繋ぎ順と、各エフェクターのON/OFFの「エディタ」です。画面向かって左側が「ライブラリ」で、G2Nu本体とパソコンで作ったパッチなどが、フォルダごとに管理されていて、一目でどこにどのパッチがあるか分かります。向かって右は、各パッチです。

エディタのアップです。
エフェクターのツマミにカーソルを合わせて、クリックしたままマウスを動かして各パラメーターを調節します。エフェクターのON/OFFは、スイッチをクリックすることでONとOFFが切り替わり、バーチャルでコンパクトエフェクターのように操作が出来ます。

エフェクターの名前のところにカーソルを当てると円状になった矢印が出ます。
クリックをするとプルダウンメニューが出てくるので、エフェクターを選んで変えられます。

各パッチは、「レーダー表示」で、どんな音か視覚的にも確認できます。
作ったパッチは、右上にある「STORE」ボタンで保存できます。
G2Nu本体とパソコンでのファイルの交換は、ドラッグ・アンド・ドロップでコピーが容易に出来ますので、パソコンでのデータ管理が、とても簡単です。
G2Nuは、オーディオインターフェイスとして使えますので、G2Nuでリアルタイムに音を確認しながらパッチのエフェクターの変更が出来ます。
G2Nu専用のエディター「Edit&Share」は、パッチやフォルダの名前を変更を決定するには、キーボードの「Enter」キーを押さないといけないなど、ソフトとしてはまだ不完全な部分もありますが、説明書をほとんど読まずに操作が出来ますし、何よりも使いこなすために説明書を読んで無駄な時間を費やすということがなく、とても便利です。
Edit&Shareは、ズームのサイトからダウンロードが出来ます。