トレモロとダノ

とうとうDanelectroのギターを入手した。

DC-3。mixiの個人売買で14000円。
普通なら、シド・バレットやジミー・ペイジが使っているDC59を買ったりするんだろうけど、今後の実用などを考えると、DC-3だなと思いずっと探していた。
ストラトのピックアップセレクターに変えて、2ヴォリュームにすれば、ストラトのサブとして楽しめそう。
音出しは明日かな。
メインのストラトのトレモロをカラハムに変更した。
元々ついていたトレモロユニットがしっかりした物だった(交換して気が付いた)ので、そんなに重量や生音での変化を感じない。でも、スプリングの張力が気持ち弱めなのか、アーミングをしたら、動きが滑らかな感じ。それと、バーがアルミらしいので、使っていて「折れるんじゃないか」という不安がないのは嬉しい。
ストラトは、今回のカスタマイズで、基本的なパーツ交換は終わり。
次はナットとピックガードかな。

「トレモロとダノ」への2件のフィードバック

  1. アームはステンレスじゃないかな、アルミってのは常識的には有り得ない。

  2. とうとうダンエレ入手しましたか。
    DC-3はフロントとリアのミックスができるのがよいですね。

コメントは受け付けていません。