K&T

今日、先週お願いをしたK&Tのピックアップを取り付けてもらったストラトを取りに行く。

トーンのないストラトに取り付けるのは初めてということで、店員さんも楽しみにしながら取り敢えず音を出す。

キャラ立ちすぎ。

とにかく前に出てくるような音で、ストラトらしいキラキラした音を残しつつ、太く芯のある感じ。

今まで潰れていたり濁ったりしていた音がハッキリと聞こえるし、倍音の感じがもう一つのストラトらしい音のピックアップに近いのも嬉しい。

しかし、この音は全く誤魔化しが効かないぞ。

困ったな…下手なのまるわかりじゃん…

使いこなさなきゃなぁ。

このストラトもトレモロをカラハムに取り替えたら、2年越しのカスタマイズは終了。

本当は、ピックガードを茶鼈甲にしたかったけど、この前来た女の子のギターと被るので取り敢えず今はやめておこうっと。

「K&T」への2件のフィードバック

  1. このストラトは、ダメになるまで使っていきたいのと、オーダー物ではないので、少しずつカスタマイズをして、満足のいく楽器に仕上げていこうかなぁと(予定よりも散財しましたが…)。
    えっと、とにかくお小遣いの中で支払うから迷惑をかけないと、必死に約束しました。
    それと、ギターを新しく買うと、部屋がまた狭くなるけど、それよりも良いと思うよと、言い張ってもみました(笑)

  2. カスタマイズおめでとうございます。
    折角の楽器ですもんね~、そうやって満足度を上げるのも「長く大事に使う」のひとつかと。
    個人的には、この散財と、家庭内の平和の両立をどうやったかが私の関心事です♪。

コメントは受け付けていません。