結婚祝い

日曜日にK藤のおじさんにZOOMのマルチエフェクターG2Nuをもらった。

時間を見付けては遊んでいたけど、とても面白い。
今までマルチエフェクターは、ZOOMの9050というハーフラックから始まり、いくつかチャレンジしたものの、エディットしにくいという理由で投げ出してきた。
コンパクトエフェクター以上に使い易くないと、ヤル気が起きないという全力で面倒くさがり。
でも、このG2Nuは、相当練り上げてのマイナーチェンジだったらしく、USB端子も付いているし、液晶画面が大きい。
この大きな液晶画面のおかげで安いフロアマルチにありがちな判りづらさがなくて、ほとんどストレスなく扱える。

デカイ液晶。パソコンと繋げている画面。
それにZOOMのサイトから専用のエディターをダウンロード出来る。
USBでG2Nuとパソコンに繋げて、音を出しながらソフトでエディットというMagic-Stompでは夢だったことが出来る(笑)

広角レンズで撮ったので画面が歪んでます。
このエディターが、結構使い易くてナイスだと思うし、パソコンでやった方が早いと思う。
嗚呼、今まで時間を結構ムダにしてきたな…
とはいえ、不満がない訳じゃない。
例えば、モジュレーションがひとつしか掛けられなかったりというのは、自分にとっては致命的とも言える。ピッチシフターとコーラスとフランジャーONにしたりしたいじゃん。でも、モジュレーションの中に入っているので、同時に3つは無理。
それに昔はリアルだったシタールの音がダメになっていたり、飛び道具系の音が全然なかったりと、ある意味ZOOMらしさが減っていたのが残念。
さて、問題は音質。
この1万円くらいのマルチと比べているのが、OCDだったり、MicroPOGやChorus+だったりする。
そんなのと比較をしたら、ZOOMは完敗です。
でも、BOSSのコンパクトにはそんなに負けてないと思う。
というか、BOSSのコンパクトのオクターバーって弦の音しないんだよね。
ただローの音が鳴っているだけ。
その時点で、このマルチエフェクターと同等でしょ?
取り合えず次回のスタジオで使おうと思っているので、現在音色をエディット中。