甥と私

甥が、ベースをもらったので教えて欲しいと言ってきた。
昨日、実家にベースを持ってきたので、簡単な練習法を教える。
最初は、とにかくメジャースケールを各ポジションをで弾くことを2時間ほどさせる。
次にジャコ・パストリアスがオネストリーで一番最初に弾いていた簡単なフレーズを繰り返させる。
急いで弾くことよりも「機械的に正確で一定のリズムを弾くようにする」と「一音一音を確実に丁寧に弾く」ことに注意させる。
それにしても10年以上ピアノを弾いていたので、理論などは大丈夫かと思ったら、コードとスケールいう概念がない。
しかも全て「ドレミファソラシド」で理解しているので、ギターを弾いていたりする人間には当たり前の「CDEFGABC」が判らない。
あいたたたたたた。
仕方がないので、そのあたりも教える。
ま、20歳とう始めるには遅い年齢で弾き始めたので、うるさいことは一切言ってないけど、指が動くだけのヘボプレイヤーにならないように注意しないとなぁ。
今週の土曜日までの宿題を出したので、会うのが楽しみだ。
私信:土曜はギター持って行くから、きちんと練習しておけよ。

「甥と私」への4件のフィードバック

  1. う~む…
    危険ですね…
    子供が出来たら、ピアノやバイオリンを習わせ、ギターに興味が出ないようにします(笑)

  2. >親子でギターですか…絶対に私のは触らせません!
    ↑賢明ですが注意が必要です。また甥御さんの場合もほぼ同様かと。
    次男が、ギターを担いで外出しました。「またか」です。
    今、ダンエレのオーバードライブが行方不明になっております(苦笑)。

  3. こいつは、中学生のときにギターをくれと言って、P.R.S.のカスタム1を持っていこうとした不届き者でして…(笑)
    まさかその甥にベースを教えることがあるとは思いませんでした。
    親子でギターですか…絶対に私のは触らせません!(笑)

  4. いいですね。
    そのうち親子でこういった感じでギターを教えたり
    なんてこともあるかもしれませんね。

コメントは受け付けていません。