バンド未経験なプロ思考

最近、メンバー募集や加入希望を見ていて、やたらと目に付くのが「バンド未経験ですが、プロ思考」みたいな記事。

相変わらず「志向」じゃなくて「思考」が多いのも不思議(笑)日本語ちゃんと書けるようになりましょうね。

で、バンド未経験は良いとしても、バンドをやったこともないのにプロ志向ってどういうことだろう。そういう人の書き込みを読んでいると、「歌手になりたい」とか「夢を諦められない」みたいなことが書いてある。

う~~~~ん…だったら、バンドに入るよりもプロダクションに入った方が良いと思うんだけどな。

バンドを組んでプロを目指すのって、とても効率が悪くて大変。

そんな効率の悪いことをするくらいなら、履歴書を書きまくって手当たり次第にプロダクションへデモと履歴書を送った方が歌手になる近道だと思うけどなぁ。

しかも運が良ければ、プロダクションがバンドを組んでくれるし、そうなれば憧れのバンドで歌うことも出来る。

25歳前後のバンド未経験でプロ思考(笑)の人には、うってつけだと思う。

結局、こういう人にとってバンドはバックバンドなんだろうし、カラオケの延長なんだろうなぁ…

「バンド未経験なプロ思考」への5件のフィードバック

  1. >きーぼっくさん
    そういう人たちに社員教育をやっても無駄なような気もするんですよね…個性だとか言い張りそうで(笑)
    「プロ歯垢」って、物凄く強烈ですね。
    昔あったマンガ「トイレット博士」のウンコちゃんを思い出してしまいました(笑)
    >おじさん
    確かに嗜好なんだよねぇ…
    そういうのが非常に目に付くということは、異常に増えているということなんだろうけどね…

  2. 「国語力アップのための社員研修こそ急務!」と主張する者です(笑)。
    更に、「22才・プロ歯垢」なんて書かれたら、ちょっと強烈ですね。

  3. 志向でも思考でもなくて、ただのプロ嗜好だろ。
    そんなんばっかだよ。

  4. 「たけゾーの嘆き」
    「お知らせ」の一番最後から引用(爆・爆)

コメントは受け付けていません。