セールスポイント

どっかのバンドに潜り込んでヴォーカルをゲットしてこうようかなと思い付く。
そこで加入希望を書こうと思って気が付いた。
セールスポイントないじゃん!
プレイ
テクニカルなことや難しいことは一切出来ない。早弾きやライトハンドなど以ての外。しかも簡単なことさえ出来ているかと問われると、とても怪しい。
しいてセールスポイントを上げるなら、ミスピッキングとミスタッチ。
好きなミュージシャン
好きなミュージシャンと弾けるミュージシャンは別物。そこを理解してもらえないと「ザッパが好きです」とか、「最近はホールズワースを聴いてます」なんて書いたら、とんでもないことになりそう。
それに自分が好きなミュージシャンの殆どが王道から一本横に入ったような人たちばかり。
クラプトンではなくピーター・グリーンだし、エイドリアン・ブリューやスティーヴ・ヴァイではなくウォーレン・ククレロやリーヴス・ゲイブレルスだしなぁ。
取り敢えずパンクとか言っておけば無難かな…。
音楽的嗜好
取り敢えずだ、セックスマシンガンズとか山嵐といった強そうな名前のバンドは勘弁だし、 大塚愛や椎名林檎や中島美嘉aikoとか絶対に聴かない。
そんなバンドにも入りたくない。
かといって、ストーンズやRCのコピーバンドなんてもっと嫌だ。
取り敢えずニューウェーヴですかね…
なんだか悲しくなってきた(泪)
誰か、私のセールスポイントを教えて下さい。

「セールスポイント」への3件のフィードバック

  1. >マリアさん
    えっと、まず私のプレイスタイルは、とても凡庸で、特徴がありません(泪)
    そして、独身のときから「安心・安全」と、女性から言われていました(泪)
    >たくろさん
    >例えばエフェクターを山のように持っているとか
    物凄く金満野郎っぽくて良い感じです(笑)
    やっぱりそういうバンドのセッションではP.R.S.の高い方を持っていった方が寄り効果的なんでしょうか?(笑)
    >「何も足さない、何も引かない」というところでしょうか。
    >そういうストイックな印象を私は持っておりますけれども。
    誉めてもなんにも出ないですよ!(笑)
    ストイックですかねぇ…
    ただのノイローゼと評されたことがあります(笑)
    本当にいざ自分のセールスポイントをあげようとすると、何も思い浮かばないという…orz

  2. ヴォーカル探しは大変そうですね。
    どっかのバンドに潜り込んでそこのヴォーカルをゲットするというのは、リッチー・ブラックモアがロニー・ジェイムズ・ディオをゲットしたときの手口ですね(笑)。
    たけゾーさんのセールスポイントは、例えばエフェクターを山のように持っているとか、これ、若くて貧乏なバンドにとってはアピールするでしょうね(笑)。
    真面目に答えれば、表現は月並みですが「何も足さない、何も引かない」というところでしょうか。そういうストイックな印象を私は持っておりますけれども。

  3. 『とても個性的で
    オンリー・ワン』
    で『既婚者なので
    安全・安心』
    と アピールしたら
    どうでしょうか?
    だめ?

コメントは受け付けていません。