非常に残念

今日は、oudonさんのライヴに行った。
oudonさんの言い訳や妥協抜きのストイックな練習には本当に頭が下がるし敬意を表せる。
でも、見た感想としてはミュージシャンの居ないただのプレイヤー集団という印象。
各メンバーはテクニックはあるし難しい曲を弾きこなしてはいるけど、曲を自分の物にしていないうえにバンドサウンドになってない。
「本当にその音色で良いの?他のパートと音被ってるよ」とか「リハーサルでステージから降りて音量や音色をチェックした?」ということを訊きたくなったりもした。
それと、内輪ではない自分にとっては、曲間の長いMCも「音楽を聴く」という集中力を殺ぐだけだったし、ハイラム・ブロックに捧げたであろう退屈なギターソロにも必要性を感じなかった。
客を楽しませようというのは伝わってきたけど、サービス精神の空回りにしか感じない。
我慢して2部目を見ようかなと思ったけど、「我慢」という言葉が自分の中で出てきたので、2部構成の1部終了時点で、失礼を重々承知の上で帰った。
もし、曲順やMC入れる場所や長さなどの構成を工夫をしたら、とても楽しめるライヴになった可能性が大きかったので非常に残念でならない。
一番楽しそうにプレイをしていて印象的だったパーカッションの人の音が聞こえないことが多かったのも残念だった。
次回は、こんな生意気で偉そうなことを書いている私を叩きのめすくらいのライヴを見せてくれると期待しようっと。