プログレ

最近、主任のブログに書いてあって面白かったので、記事にしちゃおう(笑)

自分は、プログレッシブ・ロックといわれるのが今ひとつ好きになれない。

なんか勿体ぶっているだけじゃん。

それ以上に嫌いなのがプログレマニアと言われる人種。

変な選民思想や排他的な思考があって心底嫌い。

自分のプログレマニア嫌いを示すエピソード。

============

そのいち
自称プログレ好きの人(仮にAとします)と話していたときのこと、キング・クリムゾンの話になった。

A:クリムゾンは、後期では「RED」が好きなんだよね
私:「RED」が後期?今も続いてるバンドだぞ
A:私のなかでは「RED」で終わってるの!思い入れがあるからあとは認めないの!

心底その独りよがりでミュージシャンをバカにした思い入れをクソだと思った。

「RED」で終わってるのはあんたの勝手。そのあともキング・クリムゾン名義でアルバムは出ているし、前期だ後期だと決めるのはロバート・フィリップのみなんだよ。

そんなことを言ったのに全然受け入れない。

視野狭いなぁと思ったな(笑)

============

そのに

あるアマチュアのギター弾きのブログでのこと。その人は、プログレを演奏していたことが自慢らしい。

その記事には、こんなことが書いてあった。

プログレを演奏していったときは、カッティングなんか考えたこともなかった。

いったい今までどんなプレイをしてきたんだろうね(苦笑)

まぁ、その人は軸がブレブレだし、書いてあることも一貫性がないので、しょうがないのか(苦笑)
そういえば、一度その人のバンドのライヴを見たけど、テクニカルを勘違いするとこうなるのかという見本のような本当に酷いライヴ。

このライヴを見て以降、恩や義理がある相手のライヴでも興味のないバンドは絶対に見に行かないことにした。

============

前に自分のバンドを「プログレバンドみたい」といわれたことが何度かある。

どこをどう聞けばそうなるのかは判らないけど、常に前進し続けているつもりなので本来の言葉の意味では、自分のバンドは「プログレッシブなバンド」だと思うけど、形式だけでそう言われたのなら「一昨日きやがれ!」という感じだ。

自分が理解できない音楽を、取り敢えず「プログレですね」なんて言っておけばOKだと思ったら大間違い。
今まで散々書いてきたし、これからも声高に主張し続けるけど、音楽は形式ではない。

指板の上だけでギタリストを語るものでもない。

「プログレ」への6件のフィードバック

  1. 取り敢えずプログレって、ビールじゃないんだから(笑)

  2. そう言えば、
    ちょっと前、kajuzzのライヴ後に
    「かぐずは‥????」
    「???‥プログレってことにしとこう‥??」
    あれはなんか逆に笑えたねぇ (^◇^)

  3. >私の様な者には「◎◎のバンドのあの曲良いなあ」の方が分り易いです(笑)。
    私もそれで良いと思っています。
    私は、ジャンルなんて意味あるのかなぁって思っていますし、結局は売る側にとって都合の良いように細分化されているのかなって思います。

  4. ロックとついているのだからロックなのでしょうが(笑)
    私はあまり造詣が深くは無いのですが、多様化によって「色彩」として、
    色々な呼び方が出てくるのでしょうねえ。
    私の様な者には「◎◎のバンドのあの曲良いなあ」の方が分り易いです(笑)。
    話はそれますが初めて”AOR”が「アダルト向けのロック」と聞いた時、
    「子供には聞かせられない内容を含んだロックなのか?」と焦りました(笑)。

  5. クリムゾン、一応聞いてはいるんですよ(笑)
    プログレマニアって、結局は音楽じゃないんだなぁと思ったりします。
    伊藤せいそくみたいな知識がどれだけあるかが重要な人が多いみたいですから(笑)
    ロックってもっとフリーな音楽のハズなのに、とてつもなく保守的なんだと思います。
    50を過ぎても誰よりもデカイ音でダラダラと好き勝手弾きたいというアンサンブルを考えないベース弾きや、40過ぎても早弾きがテクニカルだと勘違いしている人に比べたら、気が付いただけでもプレイヤーとしては凄い成長だと良いと思いますよ。
    なんて、偉そうでしたね。
    ごめんなさい。

  6. いやあ、キング・クリムゾンはいいですよ。
    プログレを変に高尚なものにしたがるのは、ザッパ難解派と同じことなんでしょうけど、やっぱり楽器やってない人が音楽を論じようとする場合、歌詞の解釈に比重を置くというのが元凶なんですかねえ。そういう渋谷陽一みたいな人の言ったことを受け売りするみたいな感じ。音楽を聴かないで読んじゃうわけですね。
    プログレの歌詞って曖昧で意味ありげなの多いのは確かですから。でもクリムゾンのスターレス・アンド・バイブルブラックなんて、さも極限に到達した果てに深淵をのぞきこんだみたいなことになってるけど、フリップ本人はあれはディラン・トマスからのパクリだよんてな感じなんですよね。
    あとプログレマニアということでは音楽どうこうよりもミュージシャンの人脈関係にはやたら詳しい、政治評論家みたいになっちゃうというのもありますけど(笑)。
    選民思想とか排他性ってプログレだけには限らないと思いますが、ジャズとかクラシックの人がロックを蔑んだりとかエレキを持ったディランに石を投げたりとかそういうのは私も嫌いですね。
    クリムゾンでいうと、ディシプリンの頃は、ブリューやレヴィンのようなアメリカ人をメンバーにするなとか、さんざんな言われようでしたけどね。
    あと、そのギタリストさんの話は耳が痛いです(笑)。
    一人で速弾きの練習ばかりしてるとリズム感は悪いままだし、アンサンブルのことを考えなくなりますからね。まあ、確かにそういうのはギターを始めて2、3年以内に卒業しないといけないですね。

コメントは受け付けていません。