魂を込めて感情を表現するギタリストでありたい

訳がない(笑)

仏師じゃないんだからさ、「魂を込める」ってなんなのよって思うのね。「曲に魂が宿らない」みたいなことを言う人もいるけど、「いたこ」じゃないんだからさ(笑)

ただの思い入れを「魂」だと思っているのなら、勘違いも甚だしい。感情表現って言っても、それを判断するのは自分じゃなくて他人様。

「これだけ魂を込めて作った」だの「感情を込めて音を弾いた」なんて言っても、聞いた人に「なぁぁぁぁぁんも感じない」と言われたらどうするのかね?「鈍感なヤツだ」とか「感受性が足りない」なんて言っちゃうのかね?

そんなに誉めて欲しいのかね?

厚かましいったらありゃしない。

そんなスケベ根性で演奏しても意味ねーし。

自分がいくら思い入れがあろうと、感情表現が出来ていると思っても、ライヴなり音源なりで発表してしまうと、そのプレイや曲の評価は自分の手から離れてしまう。自分の意としないところが評価されたり、自分では凄いと思っていたところが酷評されたり本当に様々。

そういえば、前にもらったメールの内容でこんなことが書いてあった。

たけゾーさんのギターの節々はいぶし銀のように泣き、時には暴れ、感情そのままがプレイに出ている。

正直、このメールにはとても戸惑った。嬉しいくらいの過大評価もあるけど、自分は「感情そのままでプレイ」していないし、「いぶし銀のように泣いている」プレイをしているつもりはない。でも、聞いた人がそう思うのなら、その人にとって自分のプレイはそうなると思う。

逆に「クソ以下のプレイ」とか「ギター辞めたら」なんて感想があって当然だし、そう思う人にとっては自分のプレイの評価と感想は正しいと思う。

自分のプレイに関しては「口ずさめるメロディ」と「ビートに対して機械的で正確なプレイ」というのは心掛けているけど、「感情表現」や「魂を込める」なんて嫌らしいことを意識したこともない。

バカのひとつ覚えのように仰々しいだけで意味のない言葉を並べたてるよりも、一発音を出したときの方が説得力があるし、たいていそんな仰々しい言葉を並べたてるヤツって言い訳は多いし、中身はないし、妙な権威主義だしね(笑)

ま、そうならないように気を付けます。

「魂を込めて感情を表現するギタリストでありたい」への4件のフィードバック

  1. >おじさん
    確かに「傷の舐めあい」みたいな感じだね。
    自分の弱点を認めたくないから仰々しい言葉で飾り付けるんだろうね。
    >主任
    昨日はお疲れさま。
    トミーは頑張りました(笑)
    >たくろさん
    あー現代芸術とかいう分野では訳のわからないものを「~を表現しました」とか言っちゃうのがいますね(笑)
    >魂込めるというのも、太い弦で無理矢理2音チョーキングするということだったりしますね。
    顔を歪めて、魂込めてますっていう「顔で弾く」人って居ますよね。
    それと、いちいち言い訳がましく説明しようとするのも居ますね。
    本当にウンザリです。

  2. アートの世界でもつまんないオブジェつくっておいて、コンセプトは「地球との共生」とか言うパターンがありますね。今の時代エコエコ言ってればなんでも許されるとか思ってるんでしょうけど、そうはいかない(笑)。
    「魂・感情」の場合も、技術よりも感情表現が大事という前提なんでしょうが、感情表現したいなら、わざわざギター弾かなくたってできますから(笑)。
    魂込めるというのも、太い弦で無理矢理2音チョーキングするということだったりしますね。
    ブライアン・メイのギターとか、エモーショナルだなと思いますが、魂込めればそういう音が出るわけじゃなくて、まずVOXのチューブアンプとトレブルブースター買って来いって話ですね(笑)。それからチョーキングヴィブラートを鍛えろと。

  3. お~、今帰ってきて新曲のエンディング必死で聴いてるゾ!(笑)
    明日頑張ろー!!(トミーちゃんへ‥笑)

  4. まるで言葉の誘蛾灯だな。きれいな言葉なる灯火の下に集まってくる夜光虫仲間が欲しいがために日夜新しい感動と啓蒙の灯火言葉を探している。夜光虫達は白々しく互いを賛美しあうだけで結局何も身にならない、栄養にすらならない。
    不安な自分を似たもの同士が集まることで安心したいだけ。自信はおろかさらなる不安をかき立てられるだけで、結局、また新たな誘蛾灯を作ったり探す繰り返し。自己不安のスパイラルからは永遠に抜け出せない。
    蛾は蛾で蝶にはなれない。その事実からスタートしないと変われないし、変わらない。
    魂だの何だのご託を並べる暇があったら黙って自分をちゃんとやれ。

コメントは受け付けていません。