予習中

嫁に7年前に放送されたNONFIXのランディ・ローズ特集の番組を見せている。
今まで付き合ってきた女性に自分の好きなミュージシャンを聴かせたりすることは、ほとんど無かった。
自分を知っている人は、ほとんど音楽や本を薦めることはしないのを知っている。
俺の神様は俺だけのもので、誰のものでもない。
「好きなミュージシャンだから聞け」とか言って彼女にCD全部を渡すようなバカがいるけど、テメーのバイブルを他人に押し付けんなって思う。
昔から心底そういう行為に嫌悪感を覚えてきたけど、今回は相手が彼女ではなく嫁なのと、新婚旅行2日目に4度目のお墓参りに行くので、予習だけはしてもらおうと思った。
人生に目標も生き甲斐もなにも見出せず、クソのようなチンピラにすぎなかった自分の人生が、ランディ・ローズと出会って180度変わった。そんな旦那の人生を変えて、未だに崇拝している人間の足跡は知って欲しいと思った。

ローン最後の3回は失業保険で払ったフェルナンデスの水玉Vのレプリカ
そういえば、あの番組でモミュメントに自分が手向けたタバコが写ってたな。
7年ぶりの聖地巡礼に向けて、着々と準備中です。

「予習中」への2件のフィードバック

  1. そうなんですよ。
    音楽なんて、所詮は個人の実体験に過ぎないんですから、どんなに好きなミュージシャンでも、相手にとって興味がなければそれまでだし、興味があったとしても本当の意味での共有は決して出来ないと思っています。
    なんて真面目に書いてみる。

  2. 遅ればせながらコメントです(笑)
    もう帰ってきちゃったもんね。
    音楽は「万人の心を結ぶ」とかなんぞか軽々しく言われたりするけど、結局はあくまで「マイノリティーのもの」かもしれんしね~。
    結局は「自分のもの」です。

コメントは受け付けていません。