書くまいと思っていたけど

ギターで神の領域まで行ってしまった男と、神と呼ばれているだけでの商売人が埼玉で共演だって。

日々進化している現役のミュージシャンを前に泥棒ブルースしか弾けない過去の栄光だけでなんとか生きているヤツが何をしようというんだろう。

真剣勝負なら、ズタズタにされるだけだと思う。

そういえば、知り合いの子が大学に入って付き合った男が「ファンなので全部聴け」といってアルバムを渡したそうだ。

時間の無駄

あんなのを聞く時間があったら、落語を聴いていた方がよっぽど有意義な時間を過ごせる。

テメーの倅が死んだのも商売にしちゃうような男だもんなぁ。

あー、神の領域に行ったジェフ・ベックは観たいなぁ。

「書くまいと思っていたけど」への4件のフィードバック

  1. マリアさん
    削除したいなんて思ったことないですよ。
    アンプラグド…ヤキのまわったジジイなのが露呈しただけのアルバムだと思います。
    Fがちょっぴり欠けたストラト、お買い得ですね。
    いいなぁ~ホットノイズレスぅ~。

  2. たくろさん
    歌対ギターなら、完璧に負けだと思います(笑)
    ヤードバースの頃は、ドクター・フィールグッドみたいで好きなんですが、あいつの曲じゃないしなぁ(笑)
    ジェフ・ベックって結構ポップや歌物が好きなんじゃないかと思っています。
    ツアーで疲れちゃってい東京公演を数年前に観ましたが、それでも凄い演奏でした。

  3. おなじく ジェフ・ベックは観たいなぁ~
    ちなみに わたしが 初めて買った
    ストラト(’57ヴィンテージ・リュイッシュー
    シンラッカー・サンバースト・USA・
    Fender のFの さきっぽが
    何ミリか 削れていたため
    5万くらい安かった)
    〓Fのさきっちょの2~3ミリが5万かいっ!と
    不謹慎にも 思った・・・w〓
    は ホット・ノイズレスPU
    (ジェフ・ベックが使っていたらしい)
    にすぐ 換えましたが・・・・
    ○さんのCDは
    アン・プラグド1枚しか
    聴いた事ないです
    (好みの音楽のジャンルが違いすぎて
    良さが 良くわかりませんでした。)
    ひさしぶりに いっぱい書いて
    ごめんなさい。(@◇@)
    削除したいでしょ?

  4. 歌なら勝てるぞと思ってるんじゃないかな、彼は(笑)。
    ヤードバーズのポップ化を嫌ってトンズラしたやつとポップ・チューンのフォーマットを受け入れつつも、(なんたってサンレモ音楽祭にまで出たくらいだから)それを切り裂いていく緊張感に満ちたフレーズやサウンドを叩き出してきたベックとは最初から次元が違いますね。
    ヤードバーズ時代の「シェイプス・オブ・シングス」はフィードバックが炸裂した素晴らしい演奏ですが、ここにポップ・チューンのフォーマットとベックのギターとの緊張関係が端的に示されています。そして第1期ジェフ・ベック・グループの「トゥルース」の1曲目も「シェイプス・オブ・シングス」なんですが、解き放たれて水を得た魚のように縦横無尽にかけめぐるベックのギターとそれに負けじとソウルフルに叫ぶロッドのヴォーカルが拮抗するこの演奏を初めて聴いたときは感動的でしたね。
    インプロヴィゼーションといいながら次の展開を思いつくまで同じフレーズえんえんと弾き続けてだらだらやっているのとはえらい違いですよね。まあ、ベックにしてもだめなときなだめですが(笑)。

コメントは受け付けていません。