D.I.Y?

Jazz Masterに取り付けようと思って落札をしたのに結局使わず終いだったLegendのネックをこのまま埋もれさせるのが勿体ないと考え始めた。
安いボディを落札して適当なストラトでも作ろうかな。
ピックアップ、ポット、ジャックなどのパーツは余っているし、来月にはSE STANDARDのトレモロを変更するので、大抵のパーツは揃うことになる。
問題は、半田付けが出来ないことだけど、これを機に練習すればいいし、いいかもしれない。
足りないパーツを徐々に集めて組み立てていこうかな。
精度の悪い酷いギターが出来上がりそう(笑)

「D.I.Y?」への6件のフィードバック

  1. Yori Halfordさん、お久しぶりです。
    コメントをしていないだけで、ブログは定期的には意見していますよ。
    う~~~ん…私の場合、パーツを集めて最終的には組み立ててもらっているので…
    オンボロギターですか?
    私から見たら、Yori HalfordさんのSGに対する姿勢は「SGに貴賤なし」とか「全てのSGはYori Halfordの前では等価である」といったブレのない主張があって好きですよ。
    ヘイマー風ギターの完成を気長に待ってます(笑)

  2. ごぶさたしております。
    たけゾーさんのすごいところはちゃんと改造して使える状態に仕上げてしまうというところですね。使えないと弾けませんからそうあるべきなんですよね。僕はパーツばっかり増えてギターには何も変化がない状態でして・・・。今回やっとトレモロユニットが揃いそうですが、塗装やらなんやら一体いつ完成するのか見当もつきません。部屋はオンボロギターとパーツの博物館状態です・・・。

  3. いろいろ落札する予定のようですが、予算は…?

コメントは受け付けていません。