ストラトちゃん。ちょっと工夫でこの弾きやすさ

レス・ポールをずっと愛用してきたので、フェンダーのコントロールは手元に近すぎて、弾いていて手が当たってとても困る。気が付けばピックアップはリアになってるし、音量も変わっていたりして。

そんな訳で、以前書いたようにストラトのコントロールの位置を変更してもらった。これだけで格段に弾き易くなる。

Truth オリジナルストラト

ノブはヴォリュームとトーンだけど、実際は2ヴォリューム。

手前のヴォリューム・ノブが付いている方がリアとセンターのヴォリュームで、トーン・ノブが付いている方をフロントのヴォリューム。

バッキングにはセンターかセンターとリアのハーフ・トーンを使うので、一番音量の調節をするし、ソロのときに単体でしか使わないフロントは、音量を滅多に変えないので、この配置にしてもらった。

このちょっぴり気持ち悪いヴォリュームの位置は、SE STANDARDやJazz Masterでも同じようにしている。

トーンがないので以前よりも音の抜けが良くなっているし、さらにレス・ポールと同じようにポイントワッシャーを付けてもらったので、目安なしで感覚だけを頼りにヴォリューム・コントロールをする不安から解放されて嬉しい。それと、この際だからポッドはCTS、ジャックはスイッチクラフトへと変更。

また、2ヴォリュームにしたおかげで、大好きなスイッチング奏法も出来るというオマケ付き(笑)

ピック・アップ・セレクターでポジションを変えれば音量も変わるという2ヴォリュームの楽さに慣れている身としては、フェンダー系のマスター・ヴォリュームは一手間多くなるので、とても不便。

ピックアップを切り替えて、音量を操作して、エフェクターを踏み換える…なんて弾くのに忙しくて出来ねぇよ!(笑)

今回は、このコントロールにして、しばらく様子を見ようと思うので、ピックアップの変更はなし。
さて、ストラトに慣れるように頑張ろうっと。