良いもん観たなぁ

6日に大阪で巨大なオレンジ色ことKADOさんが参加をしている大阪ネオンナイツのライヴを観にいった。

この手の音楽は苦手なんだけど、とても楽しめて「観て良かったなぁ」としみじみ思うほど。
正直、メタルという時点で「どうしよう」というのはあったけど、安定したテクニック、カッチリと決まっているバンドサウンド、リラックスして楽しんでいるのがとても伝わるプレイ、そして何よりもそのサービス精神は、苦手なジャンルなのに本当に楽しかった。
ゲストで女性ヴォーカルが出てきたとき、今年の初めに見た勘違いしている下手クソな女性ヴォーカルのハイトーンを聞いてから、ハイトーンを出す女性ヴォーカルは拒絶していたので、ちょっと警戒したけど、ゲストの女性のハイトーンは、耳障りさはなく、音程もとても安定していて格好良いと素直に思える。
一緒にライヴに行った彼女は、私以上にメタルを知らないし聞いてないのに「楽しかった」と満面の笑みで言っていたのが印象的。
KADOさんのプレイを生で聴いてみて、自分が抱いていた「泥棒ではなくリスペクト」をするプレイでとても嬉しかったし、最後のパラノイドを弾いている姿がレズリー・ウェストに見えたほど格好良かったな(笑)
今度は、BluesRockersのライヴが観たいな。

「良いもん観たなぁ」への4件のフィードバック

  1. そのこだわりがどこから来るのかさっぱり判りませんが、名称が違っても触りたくないのは一緒です!!!

  2. そのプロフェッショナル魂は素晴らしいと思いますが、KADOさんのチンポを間接的に触るのは嫌です(笑)
    今度、大阪に行くときにまたお会いできればと思います。
    ライヴ、本当に楽しかったです。

  3. しまった、握手するの忘れた。
    ライブ前は手が湿るのを防ぐ為にトイレに行っても手を洗わないようにしてるのだ。
    遠路はるばるありがとうございました。もっとゆっくり話したかったけどメンバーの買い物長いんだもの・・・・その後自分の弦とピックを買いに行ったので全然時間が無かったよ。

コメントは受け付けていません。