待ちぼうけ

レストアをお願いしたTさんからメールが来た。

今回の難敵はピックガード。

ピックガードと本体のネジ穴の位置がずれまくっていたので修正のお願いをしたら、ピックガードのネックジョイント付近を削らないと上手くハマらないという。

フェンダー・ジャパンのギターにフェンダー・ジャパンのピックガードで、ネジ穴の位置がズレること自体シットでファックなのに、ピックガード削らないとダメだなんて、いったいどういうことですかね、神田商会さん。

たかだか10年前のギターで、それかよ。

これならピックガードをオーダーした方がよかったぞ。

いまキャバクラでホステスに散々貢いでいた頃を思い出してます。

「待ちぼうけ」への2件のフィードバック

  1. そのスタンスは、女性関係でも決して良いとは言えないのですが、ギターメーカーとしてはとても致命的かと....

  2. このメーカーさんも、さしずめ 「10年前の女性は相手にしていない」
    ってなスタンスなのでしょうか。待ちぼうけは辛いモンですね。

コメントは受け付けていません。