T女史に乗って欲しい車 その5(ワゴン編)

おススメの車をことごとく却下をされて、おじさんは君に車を勧めるのに疲れました…

なんてネタ切れを誤魔化してはみてますが、メゲずに次の車です。
今回は私としては珍しくトヨタ車です。

この車を見たときにT女史にピッタリだと思ったのが、マークXジオです。

「打倒!オデッセイ!」で発売されたものの月間目標販売数を最初の2ヶ月だけしか維持できず1代限りで消えた車。

マークXと比べても遜色のないインテリアだったのに売れなかった車。

フロントのデザインがアクの強いアメリカンなのにリアが急に普通なワゴンになってしまった車。

これだけストーリーがあれば新橋のガード下で始発まで飲みながら語れると思うし、最終生産年の2013年製でも100万円で手に入るぞ。

なんて書いてはみたものの、マークXジオも良いけど、メーター周りさえ気にしないのならホンダのジェイドに乗って欲しいんだよなぁ…

あの尖がった感じは、3代目や4代目のオデッセイよりもT女史には似合うと思うんだよなぁ…

マークXジオが2.4リッターなのに対してジェイドは1.5リッターだから税金が安いのは魅力だし、公式は認めてないけど、当時日本では販売していなかった9代目シビックがベースというのも酒の肴としては最高のストーリーだと思うのよねぇ…

それにリアの格好良さはここ数年で1番だと思うし…

なんて語尾に「…」が多すぎるな…

今回も却下なんだろうなぁ…