T女史に乗って欲しい車 その3

また却下された…

悔しいので、話した内容や好きな車の話を統合すると、T女史は下記のような車に乗りたいらしい。

・コンパクトカーが好き
・でもトラックやバンも好き
・でも軽自動車はイマイチ
・可愛い車がいい
・とはいえアクが強いデザインも捨てがたい

ワガママだな…

T女史の希望に下記のような独断と偏見を加えてみる…

・マニアックなほどの車好きなのでストーリーがあったほうが楽しんでくれそう
・やっぱり車はリアの格好良さだよな

で、熟考なしで今回おススメしたいのが、WiLL VS

異業種合同プロジェクト「WiLL」の言い出しっぺトヨタが作った車。
しかもトヨタですらサクサク終わらせたのに未だにコクヨがこのブランド名を維持しているというのが凄い。

今でもそうだけど、日本車のデザインのほとんどが元ネタが見え隠れする。
でも、WiLL VSを初めて見たとき、日本車なのに全く真似していないシンプルで洗練されたデザインは本当に格好いいと思った。

写真だとモッサリ感が強調されているけど、実際はシャープでキリっとしたデザインだし、エンブレムはWiLLのオレンジのヤツでTOYOTAの名前がないのも良い。

デザインで特にリアの面を上手く活用してシンプルでオリジナリティあふれるリアのデザインは、当時後ろについたときに見惚れるほどだったなぁ…

いま、改めて見るとオーリス、特に2代目の原型のようなデザインだなと思うけど、オーリスよりもある種の無駄のあるデザインに余裕のようなものを感じてしまう。

オジサンは、こんな車に乗って欲しいのだよ。

それにしてもこのシリーズはいつまで続くんだろう…