T女史に乗って欲しい車

仕事で関わりのあるT女史はメチャクチャ車好き。
カーセンサーを見ながら丼メシが何杯でも食えるんじゃないかと思うほど。

それに彼女と話していると、森山大道じゃないけど「すべての車は等価」というところが好感が持てる。

しかも最近ときめいた車がサニートラックと言っていた素敵な女性。

そんな彼女は自分の車を持ってなくて、ワーゲンのPOLOが欲しいと言っていた。

でもなぁ…そんな普通に良い車に乗って欲しくないんだよなぁ…

と、言う訳で、T女史に乗って欲しいと胸を張っておススメする車5選。

フォルクスワーゲン シロッコ
どうせワーゲンに乗るならPOLOよりも私が愛してやまないランディ・ローズの愛車としても有名なワーゲンのシロッコなんてどうだろうか?
現行の3代目が良いと思う。

正直、POLOはエンジンとシャシーのバランスの取れたとても良い車だと思うし、ドライバビリティも所有している満足感もすべてクリアできる車だと思う。
でも、ゴルフもPOLOも社名である「国民車」のとおり、たくさん売れているし、街中でもよく見かける。

そこで敢えてこだわりのシロッコを選んでほしい。

シロッコの正面から見たときの平面っぷりやボンネットのエンブレムなど、目を引き格好いいフォルムは魅力的なハズだ。

スズキ スプラッシュ
現行のスイフトに興味があると言っていたので、ここは是非ともスイフトとはならず、スプラッシュをお勧めしたい。
2代目のスイフトを彷彿とさせるフロントマスクにリアのハッチバックのアンバランスさが、なんとも言えず可愛いし、見た目もスポーティーな車は好みではないようなので、その辺も難なくクリアしていると思う。
エンジンも日本での販売は2代目スイフトと同じ1.2LのK12B型エンジンというのもポイントが高い。

おじさんとしては、ぜひともスイフトではなくスプラッシュで拘りの女を演出して欲しい。

トヨタ パッソ1.0 モーダ
なぜパッソ?

たぶん、T女史はそう思うでしょう。

マイナーチェンジ前の緑の3代目パッソを見たときのフロントのインパクトは未だに忘れられないくらいだった。

あのヨーロピアンな雰囲気を醸し出しつつもアメリカンテイストもあるというデザイン。
もし、パッソが峠で迫ってきたら、それはもうモンテカルロでMINIに追い掛け回されたポルシェな気分になると思う。

ぜひパッソをご実家の近くの峠でブン回して乗って欲しい。

クライスラー PTクルーザー
デザインを見ていてもダサさ、格好良さ、可愛さ、アンバランス、フュージョン、クラシック、フューチャーなど、多くの側面をもっていて複雑な車だと思うし、人によっての評価がとても分かれる車じゃないかとも思う。

だからこそT女史にはライダースジャケットを着て、ボンネットにはダミーのスーパーチャージャーを取り付けて乗って欲しい。

V8じゃないのが残念だけど、それでも2.4リッターという排気量はアメ車ならではのパワーを楽しめると思う。

ホンダ N-ONE
今回、唯一の軽自動車、ホンダのN-ONE。
特に赤のプレミアム ツアラー ローダウンかモデューロに乗って欲しいと思う。

須賀圭介バリにスカして運転して欲しい。
そして飽きたら譲ってくれ。

さぁ、これでも君はPOLOを買うのかい?
買うんだろうなぁ…