さてさて

SE STANDARDのカスタマイズが終わったので、Tさんと待ち合わせてギターを受け取る。
その場で弾いてみると、音の抜け落ちていた箇所が埋まっている感じ。ちょっとした調整でこんなにも変わってくるかと思い嬉しくなる。先週、熱と咳で大変ななか持っていった甲斐があったな。
それにしてもパーツ代も含めてもう1本買える値段をSE STANDARDに注ぎ込んだことに気が付く。
最初から素直に高いギター買えばいいじゃん、俺。
でも、セットネックでオールマホでトレモロ付いてて、フラットトップってSE STANDARDしか思い浮かばなかったし、気軽に扱えるギターだから、それはそれで由としよう(笑)
ところで取り外したパーツを見ると細くて安っぽい配線材に電気関係も決して良いとは言えないパーツばかり。結局、こういうところでコストを下げるしかなかったんだろうな。ネックやフレットといったあとから交換するにも大変な箇所ではなく、比較的交換が容易なジャックやポッドで手を抜く。メーカーとしてのプライドを感じ、好感が持てる。
日本のメーカーも見習って欲しいな。日本のメーカーなんて信じられないような作りのボディに高級なピックアップだけ乗せて誤魔化してるところが多いよな。クオリティの低いメーカーに限ってそういうの多いし。ミュージシャン本人のギターはきちんとしていてそのモデルが最低なんて山のようにあるしね。
SE STANDARDがどれだけ変わっているか来週のスタジオにギターを持っていくのが楽しみ。

「さてさて」への2件のフィードバック

  1. 最後に希望が残っていればいいのですが、それすら期待できそうもなくて私は怖くてあけません(笑)
    本体の材質からパーツから本当に徹底してコストダウンしていますね。Fなんです。のギターでセットネックの仕込みの角度が違うなんてこともありましたから余計に怖いです。

  2. 僕はギターを買うとまず最初に中をあけてみる癖が有るんですけど、いつも見なかったことにしています(笑)比較的ギブソン系は部品が良さそうですがどこかのジャパン製は商売上手いと言うか、見えないところは徹底してますね。

コメントは受け付けていません。