Kaossilator 2 ファーストインプレッション

仕事ですっかり弱っていたので、決算セール中のHoochiesKaossilator 2を買った。

やほーい。

Kaossilatorでは出来なかった本体へのメモリーやMicroSDカードに対応したり、スピーカーを内蔵したりと、5年の歳月は本当に大きいなぁって感じる。

まるっこいデザインは、一瞬NOKIAの携帯電話と見紛うばかり(笑)


Kaossilatorと比較。
こうやって比べてみると、Kaossilator 2はプロダクトデザインとして洗練されたなぁ。Kaossilatorは、入出力の位置やネジ丸出しなところに無理矢理小さくした印象を受ける。

目立たないけど、結構大きな変更が裏のゴム足。Kaossilatorのゴム足が飾り程度にしか役に立たなかったのに比べて、Kaossilator 2は、ゴム足が厚く、素材もシリコンのものになったのか、滑りにくくてポンと机の上に置いても安心。

ディスプレイの表示は、若干老眼気味の私には小さいけど、パッチナンバーではなくパッチの名前になったので、どの音色なのか判りやすくて良い。

個人的に一番大きな進歩だと思ったのが、使用する電池の数。

Kaossilatorが単三電池4本なのに対して、Kaossilator 2は2本と半分になっている。

携帯性が向上したので、5年前にはたいして普及していなかったスマートフォンと比較。比較したのはauのXPERIA IS11S。

そんなに大きさは変わらないなぁ。

さすがに厚みは全然違う。

ところで、マニュアルのお粗末さに結構ガッカリした。多国語で表示するのは構わないけど、日本語なら日本語でまとめて欲しい。あっちこっちに飛んでいて判らなくなる。自分用にマニュアルを編集しようと思ってPDFをダウンロードしたけど、編集できないし…まぁ、そこは当たり前か…

とはいえ、Kaossilatorを使ったことがある人なら、適当にいじれば音は出せるので、まぁ、いいかな(笑)

今のところ時間がないのであまりいじってないけど、この大きさとデザインなら通勤時に遊んでいても怪しまれなさそうなので、遊びながら覚えるというのも手かな。

もう少しいじってから使用感でも書こうな。なんて書きながら、いっこうに書かないんだけどさ(笑)