歪み比べ

前回のスタジオでBANZAI COLD FUSIONとBOSS Blues Driverを弾き比べてみた。

どちらも電池駆動で、アンプはツインリバーブで、セッティングはベース5、ミッド10、トレブル5、ボリューム3.5。
ギターはアルダーボディのストラトでピックアップはセンター。
弦はGHSのニッケルロッカーズ010-046。
まぁ、プレイはアレなので、そこは目を瞑ってもらうとして、まずはコード弾き
ノーエフェクトでのコード弾き

BANZAI COLD FUSION

BOSS Blues Driver

COLD FUSIONのほうが、少しこもった印象。Blues Driverは、BOSSらしいちょっぴりジャリジャリとした音です。
ノーエフェクトでの手癖フレーズ

BANZAI COLD FUSION

BOSS Blues Driver

コード弾きよりも音のキャラクターの違いが顕著だと思います。
実際に弾いてみると、COLD FUSIONは、ダイレクト音を太くしたような印象で、録音だとこもって聞こえても実際には前に出てきます。RC Boosterみたいに音を元気にするのとは違い、奥行きを出す感じかな??
前に試したHot Cakeみたいなに、素直にアンプやギターのキャラクターを殆ど変えないで音を太くするので、自前のチューブアンプを持ってないと辛いし、JC対策には向かないかも。あ、あとBOSSのデラックス・リバーヴシミュレーターが、素直な歪みという部分だけでは近いかなぁ。
似たような歪みは探せばあると思うので、中古で血眼になって探すほどでもないのかなぁ。
Blues Driverは使いやすいけど、良くも悪くもBOSS。ブティック系のエフェクターが2万円くらいするのを考えると、この値段でこのパフォーマンスは、やっぱり凄いと思う。
って、土下座王様、こんな感じで良いですか?

念願

ここ1年くらい考えていたメインボードとサブボードの主要エフェクターの統一がやっと出来た。

KORG:DT-10BR

Fulltone:OCD

t.c. electronic:Stereo Chorus +

エフェクターボード

ワイヤリング前

2年くらい前にHoochies で、Stereo Chorus +の安い中古を買ったのがきっかけで、ずっと考えていたけど歪みの選定に困っていた。AC Boosterも捨てがたいしなぁ…なんてね。

で、先週、これまた安くOCDを入手したので、無理矢理完成(笑)

それと、George L’sのパッチケーブルを止めて、ベルデンに変更予定。これからmkcさんにパッチケーブルはオーダーするので、新しいパッチケーブルでの統一も残っていなぁ。

あ、メインボードの電源をVoodoo LabのPedal Power 2 Plusにしたいんだよな…

物欲の神がブツブツ言いはじめてる

歪み

ピックアップをK&Tに変えてから、歪みに悩んでいる。

今までメインだったOCDとの相性がイマイチに感じる。

今日、Hot Cakeを試してみると、歪みは好きだけど、今後を考えるとBOSSのFDR-1と組み合わせて使わないと厳しいかも。

今後を考えてBOSSのFDR-1を中心に歪みを組み立てるのも手だよなぁ…

9日は、今年最初のスタジオなのでAC Boosterを試す予定。

レス・ポール時代は、アンプで歪ませていたので、ここまで悩まなかったけど、ストラトにスイッチしてから歪みは本当に悩む。しかも今までよりも歪みが浅い音が好みになっても来ているし。

今年は歪みで結構悩むんだろうなぁ…

今日のスタジオに持っていこう♪

たまには機材の話。

久しぶりにボードの中身を換えた。

エフェクターボード

KORG:DT-10BR

Roger Mayer:Red Lion Wah

Fulltone:OCD

Electro-Harmonix:Micro POG

t.c. electronic:Stereo Chorus +

選曲で使い道がなくなったペダルジェッティー君を外して、ソロにオクターブ下をうっすら混ぜた音が恋しくてMicro POGを復帰させた。

しかし、ここ3年くらいで一番面白みのないボードのような気がする(笑)

ズームのマルチエフェクターG2Nuのエディター

ZOOMのマルチエフェクターG2Nu専用のエディター「Edit&Share」が、とても便利です。
今回は、専用のエディター「Edit&Share」の簡単なレビューをしてみたいと思います。
パソコンにインストールをして、G2NuをUSBでパソコンに繋げば、Edit&Shareは立ち上がります。

立ち上がった画面
画面の上がエフェクターの繋ぎ順と、各エフェクターのON/OFFの「エディタ」です。画面向かって左側が「ライブラリ」で、G2Nu本体とパソコンで作ったパッチなどが、フォルダごとに管理されていて、一目でどこにどのパッチがあるか分かります。向かって右は、各パッチです。

エディタのアップです。
エフェクターのツマミにカーソルを合わせて、クリックしたままマウスを動かして各パラメーターを調節します。エフェクターのON/OFFは、スイッチをクリックすることでONとOFFが切り替わり、バーチャルでコンパクトエフェクターのように操作が出来ます。

エフェクターの名前のところにカーソルを当てると円状になった矢印が出ます。
クリックをするとプルダウンメニューが出てくるので、エフェクターを選んで変えられます。

各パッチは、「レーダー表示」で、どんな音か視覚的にも確認できます。
作ったパッチは、右上にある「STORE」ボタンで保存できます。
G2Nu本体とパソコンでのファイルの交換は、ドラッグ・アンド・ドロップでコピーが容易に出来ますので、パソコンでのデータ管理が、とても簡単です。
G2Nuは、オーディオインターフェイスとして使えますので、G2Nuでリアルタイムに音を確認しながらパッチのエフェクターの変更が出来ます。
G2Nu専用のエディター「Edit&Share」は、パッチやフォルダの名前を変更を決定するには、キーボードの「Enter」キーを押さないといけないなど、ソフトとしてはまだ不完全な部分もありますが、説明書をほとんど読まずに操作が出来ますし、何よりも使いこなすために説明書を読んで無駄な時間を費やすということがなく、とても便利です。
Edit&Shareは、ズームのサイトからダウンロードが出来ます。

ズームのマルチエフェクターG2Nuを1週間使ってみて

ZOOMのマルチエフェクターG2Nuを1週間使ってみたインプレッションです。
初めに思ったのが、大きくなったディスプレイのおかげで非常に分かり易いということです。

パッチB1の画面。
大きなディスプレイには、エフェクターの繋ぎ順やON/OFFが視覚的に表示されるので、パラメーターの数字しか出てこないものに比べると、格段に使い易くなっています。

このパッチだとコンプレッサーはOFFです。
パッチのエフェクターのON/OFFはフットスイッチですし、左端の歪みやモジュレーション、残響などの各エフェクターを選ぶダイヤルの下にあるボタンで、それぞれのエフェクターを選びます。

セッティングを変えたいときには、本体のツマミとディスプレイが連動なので、コンパクトエフェクターを操作しているような感覚で分かり易いです。

グラフィックイコライザーの表示
今までマルチエフェクターは、ZOOMの9050というハーフラックから始まり、いくつかチャレンジしたものの「エディットしにくい」「使いこなすまでに時間がかかる」という理由で投げ出してきました。
正直、コンパクトエフェクター以上に使い易くないと、使う気がしません。
しかしG2Nuは、この大きな液晶画面のおかげで安いフロアマルチにありがちな分かりづらさがなく、ほとんどストレスなく扱えますので、私のようにマルチエフェクターに挫折をしてきた人間でも、ほとんど説明書を読まずに操作が出来ます。
初心者だけでなく、マルチエフェクターを私のような理由で避けてきた人にもお勧めです。

結婚祝い

日曜日にK藤のおじさんにZOOMのマルチエフェクターG2Nuをもらった。

時間を見付けては遊んでいたけど、とても面白い。
今までマルチエフェクターは、ZOOMの9050というハーフラックから始まり、いくつかチャレンジしたものの、エディットしにくいという理由で投げ出してきた。
コンパクトエフェクター以上に使い易くないと、ヤル気が起きないという全力で面倒くさがり。
でも、このG2Nuは、相当練り上げてのマイナーチェンジだったらしく、USB端子も付いているし、液晶画面が大きい。
この大きな液晶画面のおかげで安いフロアマルチにありがちな判りづらさがなくて、ほとんどストレスなく扱える。

デカイ液晶。パソコンと繋げている画面。
それにZOOMのサイトから専用のエディターをダウンロード出来る。
USBでG2Nuとパソコンに繋げて、音を出しながらソフトでエディットというMagic-Stompでは夢だったことが出来る(笑)

広角レンズで撮ったので画面が歪んでます。
このエディターが、結構使い易くてナイスだと思うし、パソコンでやった方が早いと思う。
嗚呼、今まで時間を結構ムダにしてきたな…
とはいえ、不満がない訳じゃない。
例えば、モジュレーションがひとつしか掛けられなかったりというのは、自分にとっては致命的とも言える。ピッチシフターとコーラスとフランジャーONにしたりしたいじゃん。でも、モジュレーションの中に入っているので、同時に3つは無理。
それに昔はリアルだったシタールの音がダメになっていたり、飛び道具系の音が全然なかったりと、ある意味ZOOMらしさが減っていたのが残念。
さて、問題は音質。
この1万円くらいのマルチと比べているのが、OCDだったり、MicroPOGやChorus+だったりする。
そんなのと比較をしたら、ZOOMは完敗です。
でも、BOSSのコンパクトにはそんなに負けてないと思う。
というか、BOSSのコンパクトのオクターバーって弦の音しないんだよね。
ただローの音が鳴っているだけ。
その時点で、このマルチエフェクターと同等でしょ?
取り合えず次回のスタジオで使おうと思っているので、現在音色をエディット中。

マニアだよね、やっぱり…

甥にBOSSチューナーを貸す。
ついでなので、いったいいくつのチューナーを持っているか引っ張り出してきた。

上段左から
2個あるBOSS TU-12のペイントしてある方は、16歳くらいのときに買って、35の時にお亡くなりになったもの。もうひとつは、今回甥のところに行くヤツ。TU-12は数年使っていると、だんだんピッチがズレてくるのが、いただけなかった。
KORGのDT-10は、メインボードとサブボード用がふたつ。メインもサブもチューナーは統一したい。このチューナーは、なにかと便利なので結構気に入っている。
ダンエレクトロのフットチューナーは、バックライトがないので、ライヴでは使えないなぁ。
下段左から
QWiK TUNEは、チューナーだけでなく、コードの押さえ方が出るのが面白くて買った。精度は不明。
GA-20は、10年位前に楽屋用に買ったミニチューナー。
同じに見るKORGのチューナーは、ひとつは三味線モードもあってより広いレンジに対応しているDT-4と、ギター専用のGT-4。両方ともストロボモードがあって楽しい。コンパクトで軽くて好きだけど、一定時間音が入力されないと、電源が切れるのと、ACアダプターが使えないので、ライヴでは使えない。
chorubは、流行のクリップ式。とても使いやすく、楽屋や自宅で重宝している。このチューナーが使いこなせないヤツは、どのチューナーを使ってもダメでしょうってくらい簡単で、精度も結構良い。音や造りにこだわるフーチーズの社長が店に置くだけのことはあるなと思う。
グヤトーンのMT3は、ジェットモグラ用に買った。小さくて良いチューナーだと思うけど、一部の音の表記が小文字なのが馴染めずお蔵入り。
それにしても11個かぁ…
マニアですね…

暫定

エフェクターボードを組み直した。

エフェクターボード

ワイヤリング前。

ライヴの録音を聞いていて、味付け的な効果では活躍をしていたけど、あまり必要ないかなぁと思ったElectro-HarmonixのMicro POGを外した。

サブボードも歪みを入れ替え。

エフェクターボード

IbanezのTS5からMKC製のオーヴァードライヴに変更。

考えてみると、サブボードの内容だけでも充分なんだけど、「Come Together」にはワウがいるし「One Of These Days」にはペダルジェッティーが必要。

今後、この2曲を演らなくなったら外すとは思うけど、ヴォーカルが決定するまで残す曲と残さない曲は決められないし、取り敢えず暫定と言うことで。

こうなったら、何か揺れものでも入れようかなぁ…(笑)

エフェクターとセットリスト

ワイヤリングの途中です。

エフェクターボード

MKC:スルーボックス
↓↑
KORG:DT-10BR

MKC:ペダルジェッティー

Roger Mayer:Red Lion Wah

Fulltone:OCD

Electro-Harmonix:Micro POG

t.c. electronic:Stereo Chorus +

相変わらず多いね(笑)

で、セットリストと各曲で使うエフェクター。

・Break on through
コーラスをイントロとソロ、それに途中のテンションコードでのカッティングに使用。

・Come Together
ワウのみ。

・Have You Ever Seen The Rain?
エフェクターは相変わらずなし。

・One Of These Days
バッキングはコーラスで、サビはOCD。エンディングはペダルジェッティーでカオスな感じに。

・So You Want To Be A Rock’N’Roll Star
歌のバックで弾くアルペジオとソロでコーラス。ソロではMicro POGで1オクターブ下の音を薄っらと追加。
基本的にストレートなトーン。

・Whatcha Gonna Do About It
イントロとソロのバックでちょろっとコーラス。

・Tomorrow Never Knows
使うエフェクターを考慮中。ワウは確実に使う。

・Road to Nowhere
カッティングでコーラス。最後はOCDを使うかな…。

手の内丸出しだけど、勿体ぶった秘密主義じゃないし、演奏する曲名を出しても原曲と全然違うことをやっているから問題なし。

とほほ

そんな訳で韓国経由で帰ってきました。
過去5回、アメリカに行くたびにギターを買ってきたのに今回はエフェクターのみ。
欲しいギターが全然なかったのと、思い出ついでに買おうかなぁと思って見たギターの値段が洒落にならなかった。
トラスビーンが50万円っておかしいだろ。
で、買ったのはフルトーンのオーヴァードライヴ。

試奏してみて、意外と多彩な音が出たのと欲しい音が出たので買った。同じようにワウも試してみたけど、欲しい音が全然しなかったのでやめた。
20歳のときにマンハッタンに行ったときも思ったけど、オールドやエフェクターは東京が一番揃っているし、値段も今はL.A.よりも東京の方が安いみたい。
独身のときと違って、後先を考えずにギターを買えないよなぁ…
次回は内緒で買っちゃおう

今日の足元

とうとうポリシーを変えて、アンプで歪まさないようにした。

エフェクターボード

アンプをクリーンにして、歪ませるときはmkc製ファズブースターのブースターを常にON。クリーンからハードな歪みにするときは、ファズを踏む感じ。

これで、ストラトらしさを残しながら歪ませられる。

でも、まだ納得できてない。

本番までにベストなセッティングを見つけ出して、本番用ボードを組まないと。

今日の足元

ダイソーの棚板ふたつを繋いでギリギリギターケースに入るサイズで作成。

エフェクターボード

繋ぎ順は
Korg:DT-10

Behringer:HB01

Ibanez:TS5

t.c. electronic:Stereo Chorus +

メインボードからジェットモグラとオクターバーを外したのに近い構成。

ベリンガーのワウがONになったままになっりして少し困ったりしたけど、調整すればなんとかなりそう。
しばらくこのセットでいこう。

と、いうわけで

ワウが思い理由は裏蓋のような気がしてきたので、裏蓋を外してみる。
案の定、裏蓋だけでVoxのワウと同じような重さ。
今日、会社帰りにハンズによってプラ板を買ってきて裏蓋を作ってみた。

左が元々の裏蓋。右がプラ板で作った裏蓋を取り付けたベリンガーのワウ。ついでなのでマジックテープも貼った。
オールプラになったのでとてつもなく軽い。
持ち運びも楽々だ。
日曜日のスタジオに持っていこう。

ずっしり

歪みとコーラスをメインボードに近くすることをコンセプトにサブボードを組み直している。

今回は、グヤトーンのオートワウからペダルワウに変更しようと思い、試しにベリンガーのワウを購入してみた。

プラ筐体なのと、カタログでは500グラムとか書いてあったので期待していたら、思った以上に重くてガッカリ。

エフェクターボード

大音量で試してないから何とも言えない部分もあるけど、ベリンガーのワウは、値段の割には音も良く、光学スイッチの効きも思ったよりもスムーズで良い感じ。

さすがモーリーのクローン(笑)

もっと軽いと思っていただけに同じような重量なら、コンパクトなDODのワウの方が良いかなぁ…。

公認評論家

今月のサウンド&レコーディング・マガジン(2008年10月号)のサイケ特集で、mkcさんのエフェクターが出るということだったので、今日買ってきた。
サウンド&レコーディング・マガジン 2008年10月号
六畳人間の記事でデカデカと紹介されている。しかも数ページあとには、ハンドメイドとして紹介されてるし。
mkcさんには「ビッグになったら公認評論家になってOK」と言われているので、早くビッグになってもらって有ること無いことを適当に話したい(笑)
そろそろ別ブランド「ピート小金井」のオリジナル第一弾を作ってもらおうかなぁ(笑)
しっかし、mkcさんのエフェクターがサイケかぁ…サイケかなぁ…

久々に

久しぶりにエフェクターボードを組み直した。

エフェクターボード

ジェットモグラを外したので、ちょっぴりシンプル。

接続は
KORG:DT-10BR

Roger Mayer:Red Lion Wah

MKC:FuzzBooster

ELECTRO-HARMONIX:Micro POG

t.c. electronic:Stereo Chorus +

今回からエフェクターボードをトレイ付きのソフトケースに変更してみた。軽くて良いかも。

来週のスタジオは、このセットで行こう。

今日の足元

今日の足元は、KORGのチューナー→レッド・ライオン・ワウ→MKC製K氏モデルのディストーション→t.c. electronicのコーラスといった程度。

これにMicroPOGを追加すればOKかな。
最近、Oさんが参加をされてから、ジェットモグラの必然性を感じなくなったので外してみた。
確かにジェットモグラにしか出せない音はあるけど、Oさんのシンセサイザーでもっと効果的な音とプレイがいくらでも出来ると思うし、シンセサイザーの音があるのに、ギターでわざわざシンセのような音を出すのは意味がないと思う。
それに今はクリーントーンで弾いているので、余計に必要ない気もするし。
今日のt.c. electronicのコーラスは、メインボードに入っている物ではなく、ストラトを取りに行ったら格安で売っていた中古の物。Tさんのセールストークでお買い上げ(笑)
お小遣いが全て吹き飛んだので、明日から地味に生活します(笑)

アフロ校長

MKCさん、懇親の力作であり、二度と作らないと宣言をした一台が届いた。
今までMKCさんからいくつものエフェクターを買ってきたけど、一番「これは値段以上!」と思ったルックス。
ファズ・ファクトリーのクローンだけど、仕上がりの綺麗さもさることながら、一番の特徴はその大きさ。

単三電池と並べてサイズ比較。
ビックリするほど小さい。
まさにパーム・トップ・ファズ。

今までフォトジェニックNo.1だった、同じくファズ・ファクトリーのクローン、ファズ・ナクトリーと並べてみる。
エクセレント!
しばらくオーダー出来ないけど、その休止前の一台がこのエフェクターだったことを誇りに思いたい(笑)

今日の足元(予定)

今日は簡易セットでスタジオに行く予定。

エフェクターボード

早起きをして大音量で試したかったmkcさんのファズブースターと2年くらい探しまわっていたDODのコーラスをボードにセットした。

今日は、JazzMasterも試すし、一緒にスタジオ入りを熱望していたOさんも遊びにいらっしゃるので、とても楽しみ。