オレンジの悪魔が来りて笛を吹く

Youtubeでよくある「日本凄い」的な動画で紹介されていたのがきっかけで京都橘高校吹奏楽部を知った。
ローズパレードに日本では唯一、二回出場したというような紹介だった。

興味を持って検索をして最初に見たのがローズパレードの3日前に出演をしたアナハイムのディズニーランドの演奏。

とにかくビックリしたのが、マーチングバンドのイメージを根底から覆すステップ。
「踊ってるよ!」なんて思いながら釘付けになってた。

で、「もっと映像はないのか」と思って検索をして見たのがローズパレードで演奏をした「Fireball」。

坂道というシチュエーションの良さも相まって、音楽でこんなにワクワクするのは久しぶり。
向こうから楽しそうに踊って演奏している集団が徐々に見えてくるなんて、ワクワク以外ないぞ。

しかもアレンジもいい感じ。

すっかり魅了されて、今では一日に一時間は見ないと気が済まないくらいの中毒症状。

京都橘高校吹奏楽部を調べていくと、テレビにも取り上げられていたなんて知らなかったし、吹奏楽部の設立理由が「他では経験できないことを」という話だし、あのオレンジの制服が1975年からとか、笑顔でとんでもないことをするので「オレンジの悪魔」と呼ばれているとか、いろいろと面白い。

で、必ずあるのがある種のやっかみのような否定的な意見。

確かに京都橘高校吹奏楽部よりも演奏が上手くて、正統的なマーチングバンドは沢山あると思うけど、これほどまでに人を魅了するマーチングバンドはないと思う。

私は、正直、モダンジャズ以外のホーンは全く興味がなかったし、ファンカデリックは好きだけど、パーラメントは苦手というくらい。
それにマーチングバンドというと、物凄く良い姿勢でスタスタと行進しながら演奏するというくらいの認識。
だいたい、演奏している曲に全く興味がわかない。

そんな私ですら魅了させてしまう。

なにがそんなに人を魅了するのか考えてみたけど、あのステップや演奏力(ローズパレードでの鉄琴の女の子二人はとてつもない)、それに笑顔だけでなく、ある種の青春の眩しいばかりの輝きと、徒花のような脆さを見られるからじゃないかと思ったりする。

思春期の貴重な3年間をマーチングで燃え尽きさせるような輝きに引き寄せられるんじゃないかなぁとね。

ローズパレード前々日の演奏。2分10秒くらいにインタビューされる女の子は義足だという。9キロも義足で踊って歌って演奏していたなんて、もう言葉が出ない。

笑顔で演奏している裏では、とてつもない量の反復練習をしているのが容易に想像できるけど、それを微塵も見せない京都橘高校吹奏楽部は、本当にオレンジの悪魔だな。

京都橘高校吹奏楽部は、マイク・オールドフィールドとならんで、今一番生で見たいミュージシャン。

3年ぶりの更新

ストラトのカスタマイズの記事を書いて3年放置していた訳ですが、そのあいだにバンドに参加して辞めたり、その期間にエフェクターを買ってみたりしていました。

とはいえ、仕事はクソクソ忙しく、これといって書くこともなかったのも事実だったりします。

で、久しぶりに更新するということは、なにかあるのかないのか…

取り敢えずまずはご挨拶まで(笑)

全然更新してなかった

バンド活動を止めて、ギターを買うこともカスタマイズを激しくすることもなくなって、エフェクターも全く買わなくなったら、書くことが全然ないのね。

まぁ、バンドをやりたいなぁと思いつつも、その時間があったら子供とすごしたいなぁとかあったり、ギター教室に通いたいけど、収入が地味に減ったので難しかったりと、制約が多いのも事実。

もう1年くらいは難しいのかな?

取り敢えずは、月に1個ずつオーダーしているランディ・ローズなオリジナルコンチョが、唯一の楽しみ。

しばらく地味で更新は滞ります。

2012年を振り返ったりして

【機材】
・DANELECTRO COOL CAT DRIVE CO-2
・Roland CUBE-20
・KORG kaossilator 2
・KORG AW-2G
・Legend LMG-01

年を追うごとに買う地味になってます(笑)
一昨年の後半に24回ローンを組んだのがとても効いているうえに子供が生まれたので尚更です。

【音楽活動】
7月の後半に紹介されたバンドのセッションに行きましたが、相手の顔を潰さないように断りました。
断った理由は沢山ありますが、一番大きな理由は、私がセッションに来ることを歓迎していないメンバーが居たことと、話しで聞いていたほど良いバンドではなかったことかな。
あれほど「原曲どおりには弾かないし、普通のプレイが希望なら他の人にして」ってリーダーに言ったのにも関わらず、「原曲通りに弾け」と言うようなメンバーの居るバンドに私は不要ですからね。

8月にはミュージックスクールの体験レッスンをしてきました。
すぐにでも通いたかったのですが、仕事関係のごたごたで現在見合わせ中。
学ぶことが沢山あったので、通えるように機会をうかがっています。

同じような時期にイトウ君とトミーと私で子育てなバンドをやろうと画策しましたが、イトウ君の転勤で消滅しました。
正直、今後は妻帯者とのみバンドを組みたいなぁと思ったりしています。

【その他】
やはり子供が生まれたのは大きく、全ての価値基準が変わりましたが、やっぱりギターバカは治らないようです。

さて、今年はどんな年になりますことやら。

体験レッスン

今日、ギター教室の体験レッスンを受けてきた。

講師は、元近藤等則IMAの酒井泰三さん。

嫁に「ギター教室に通いたい」と最初に話したら「講師と喧嘩をしてすぐに辞めるんだから」と大反対されたけど、講師の名前を言ったら、すんなりとOKが出た。

レッスンを受けてみて、今まで結構自信のあったカッティングが、全く話にならないことを実感させられたし、自分のリズムに対する練習が間違いではなかったけど、レベルが低すぎたと思ったりした。

改めて気付かされることばかり。

考えてみると、ギターを始めてからの27年で人に教えてもらったのって初めてだ。

習うのって結構楽しいと思ったりして。
それに「この人からいろいろと盗みたい」と思ったり、別に「もう一旗揚げよう」とか狙っている訳ではないけど、レッスンを受けることによって「プレイヤーとしてこのまま終わりたくない」という欲求が満たされると思ったりした。

10年前に井上監督の紹介で酒井さんにお目にかかったとき、実家から近い場所でギター教室の講師をしている話は聞いていた。
でも、いろんなタイミングで今になってしまったことを後悔している。

なんとかしてレッスン費用を捻出して9月から通いたい。

そんな今日の無料体験レッスンの感想。

このサイトは

ここは、完全に放置していた所有エフェクター自慢サイト「Joy Of A Toy」、バンド活動を中心として書いてきたブログ「Shouting In A Bucket Blues」、ダンエレクトロの営業マンかというくらいダンエレクトロのエフェクターを紹介していた「ダンエレ中毒」、ギターのレストアとレビューのブログ「Still Life with Guitar」と、4つをまとめたサイトです。

内容は独断と偏見に満ちあふれていますが、クレームは一切受け付けていません。

コメントは名前とメールアドレスが必須で、1週間でコメント欄が閉じられます。

使い続ける。

久しぶりに甥と会った。
後輩からフェンダージャパンのジャズベースを譲ってもらったいう。
ジャズベースをメインとして使うとうことだったけど、「音がイマイチだ」というので理由を訊いてみると、どうもネックは反っていて、コントルール類もダメらしい。
前にも書いたけど、ベースを始めるには遅い年齢だったので、一切うるさいことは言ってこなかった。
でも、今回はちょっぴり小うるさいことを言ってみた。
・ジャズベースは1回リペアに出して調整してもらうこと
・ジャズベースを使い続けること
・シールドは良いものを使うこと
・アンプのイコライザーの意味をきちんと理解すること
・必ずスタジオの大きな音で音のチェックはすること
・スタジオは同じスタジオの同じ部屋のアンプを使うこと
主に言ったのはこんな感じ。
ひとつの楽器をずっと使い続けることで、身体が楽器の特性を覚え、ちょっとした変化に気が付くようになると思っているし、実際気が付くことが多い。それにひとつの楽器を弾き続けることで基準となる音を作ることができるし、他の楽器に持ち替えたときの対応も出来ると考えている。
20年以上レス・ポール・カスタムを弾いてきて、極端に言ってしまえば、レス・ポールなら目を閉じていても操作が出来るくらい弾いていた。
ライヴの度にギターを取っ替え引っ替えしていた人を3人くらい見たことがあるけど、結局、1本を全然使っていないので、ギターをコントロール出来ていない酷い音と酷いプレイだった。
そんなお馬鹿さんにならないようにリペアに出して楽器としてきちんと調整してもらい、それをずっと弾き続けることを強調しておいた。
煙たい叔父なんだろうなぁ、俺(笑)

音作り

オーディション参加をしているギターの女の子と最初にスタジオに入ったとき、アンプの使い方が判らないと言っていた。
まぁ、よくある話。
そこで、メールでちっちゃいアンプを持っているのか訊いたところ一応思っているとの答え。取り敢えずそのアンプで、各ツマミの意味や音を理解するようにして、それぞれのツマミを動かしてみて、好きな音を探って欲しいとお願いをした。
うちのバンドに加入か否かは関係なく音作りの基本なので、これが出来ないとどうしようもない。
少しでも多くのことを学んでいってくれれば嬉しい。
ところで、mixiやブログなどを見ていると。音作りを勘違いしている人も多いなと感じたりもする。
本当に勘違いしているなと思うのが、アンサンブルの中で音を出さないでエフェクターをいじって「音作り」とか言っている人たち。
随分前に「音作り」と称して何時間もスタジオに入ってマルチエフェクターのプログラムをやったとか自慢気に書いていた人がいたけど、そんな風に何時間も掛けて作った音が、アンサンブルの中で話にならなかったらどうするんだろうね。時間とお金の無駄だし、「音作り」という言葉と、そのためにスタジオにこもるという行為に酔っているとしか思えない。
ハイゲインのアンプを歪ませまくったうえにディストーションを掛けて、テクニカル気取りの凄い人を見たことがあるけど、部屋にこもって独りで練習をしてきた人らしい何を弾いているのかよく判らない音だった。
似たようなのでは、アンプを使いこなせずにとにかくコンパクトエフェクターを端から見ると無意味に繋げて、良い音がしないといっている人も居たな。
「音作り」って普通は、バンドのアンサンブルや曲調に対して行うことであって、自分の好きな音をただダダ漏れのように作ることじゃないと思うんだけどね。
で、大抵音が一切前に出てこない歪みで弾いていたりするので、アンサンブル的に見ると居ても居なくても一緒だったりしてね(笑)
それに本来はアンプとギターだけでクリーン、クランチ、ハイゲインな音をコントロールできてから、エフェクターを追加した方が、必要な音や効果がよく判ると思うし、エフェクターも最小限で済んだりするしね。
ま、とにかく今は日曜日はスタジオなので、セッション参加中の女の子が、どれくらい頑張ってくるのか結構楽しみ。

知らないところで

バンドのCome Togetherが褒め殺しなみに褒められてた
知らないところで知らない人に褒められるのは、結構嬉しい。
縄文ディランという方が書いているブログらしいので、「縄文ディラン」で検索をしてみると、Loose Voxによく出演をしているらしい。
で、謎。
謎 そのいち
タイトルを見ると判るとおり「Mysoundから」となっている。 
あそこにCome Togetherをアップしてたかなぁ…
謎 そのに
Loose Voxには何回か出ているけど、共演したことはないし、お店で会ったことがあるのかなぁ…
まぁいいや。
取り敢えず、この評価に恥じないように頑張ります。

なんと言いますか

パソコンが壊れているあいだに、フェンダーメキシコのストラトを預かったり、そのことについて書こうと思いながら全然書けなかったり、中古で新しいデジカメを買って、そのチョイスの仕方や使い方でおじさんが言った言葉が、楽器選びや使い方にも通じるなぁと思ったり、またそのことを書こうと思って書いてなかったり、メンバー募集の募集要項などの内容の解説をしようかなぁなんて思いつつも、書かなかったり…
ま、取り敢えずネタは揃っているのに「今週の通勤の友」以外更新していないというのが現状でして…
昨日、パソコンをマザーボード交換という荒技で復旧させたので、ボチボチ更新していきます。

甥と私

甥が、ベースをもらったので教えて欲しいと言ってきた。
昨日、実家にベースを持ってきたので、簡単な練習法を教える。
最初は、とにかくメジャースケールを各ポジションをで弾くことを2時間ほどさせる。
次にジャコ・パストリアスがオネストリーで一番最初に弾いていた簡単なフレーズを繰り返させる。
急いで弾くことよりも「機械的に正確で一定のリズムを弾くようにする」と「一音一音を確実に丁寧に弾く」ことに注意させる。
それにしても10年以上ピアノを弾いていたので、理論などは大丈夫かと思ったら、コードとスケールいう概念がない。
しかも全て「ドレミファソラシド」で理解しているので、ギターを弾いていたりする人間には当たり前の「CDEFGABC」が判らない。
あいたたたたたた。
仕方がないので、そのあたりも教える。
ま、20歳とう始めるには遅い年齢で弾き始めたので、うるさいことは一切言ってないけど、指が動くだけのヘボプレイヤーにならないように注意しないとなぁ。
今週の土曜日までの宿題を出したので、会うのが楽しみだ。
私信:土曜はギター持って行くから、きちんと練習しておけよ。

先入観

私はハゲタカリッチーことリッチー・ブラックモアが嫌いだ。
面白くも何ともないプレイで、どこが良いのかサッパリ判らない。ディープ・パープルでまともに聴いているのは「Come Taste the Band 」だけというくらい嫌い。
同じようにバーンの受け売りみたいなことしか言えないリッチーのファンも嫌い。
そんなとことんまで嫌いなリッチーのBlackmore’s Nightの「Blackmore’s Kingdom」を聴いてみた。
聴いた感じではFlairckやマイク・オールドフィールドの「Voyager」みたいなトラッドで面白いくて良いアルバムだなと思う。
それにしても勿体ないな。
リッチーファンからしたら「なんだこりゃ!」ってなるだろうし、私のようなリッチー嫌いからしたらブラックモアという名前だけで聴かないリストに直行だ。
もし、このバンド(?)からリッチー・ブラックモアという名前を消したら、もっと広く受け入れられるのにと聴いていて思った。
どちらも先入観で損をしているんだと思う。
もっとオープンな姿勢で音楽と向き合おうと少し反省。

ダメダメ

次の日曜日にオーディションがあるのでギターの練習を始める。
キムさんのラスト・ライヴ以来、1ヶ月半ぶりだ。
指が痛い。
しかもただでさえ動かない指が余計に動かないし…
あー!Enoの「Needles in the Camel’ s Eye」のソロ忘れちゃってるよ!
ダメじゃん、俺…orz

これから頑張ります。

欲求

今、新しい音に物凄く飢えている。
少し前に書いたハンク・マーヴィンも聴いたことがないので聴こうと思ったし、二十歳のときにフォレムラ・トレで懲りているはずのイタリアン・プログレにも挑戦してみようかなと思いアレアを注文したり、なぜか通り過ぎていたメシオ・パーカーを買ったりと、新たなるチャレンジをしている。
以前は苦手だったジャンルが、年を取ったために好きになったりといったことが多々あるのも事実。
好きか嫌いかなんて後回しにしてとにかく聴いてみる。
新旧問わず、興味があったら手を出す。
そんな思春期のような欲求で音楽に飢えている。

理想

前に「セールスポイント」という記事を書いたとき、印象的なのは音色だというメールをもらった。
そうかなぁ…
印象的ですかねぇ…
非常に凡庸だと思うのですが…
とはいうものの、理想だと思っている音は当然あって、例えばクリーントーンでのカッティングはケヴィン・エアーズのバックで弾いていたときのオリー・ハルソールの音だったりするし、ストラトのハーフトーンでのクリーンな音はTENSAWの横内健亨だったりする。
歪んだ音だと、レズリー・ウェストやロニー・モントローズのような中音域をドバッと出した鼻つまみな音を目指しているし、中途半端に歪んだ音は、藤沼伸一やウィルコ・ジョンソンだったりね。
ソロは、フィル・マンザネラが801で聴かせるぶっとい音が理想的だし、ルースターズ時代の下山淳のような真似が出来ないようなトーンも捨てがたいし、ザッパのワウを巧みに使ったトーンも好き。
好きなギタリストの好きなトーンを目指してはいるけど、それらがごちゃ混ぜになるうえに体格も握力も違うので、結局は自分の音にしかならない。
で、自分の音を聞くととても凡庸。
自分の理想のトーンを追い求めて、さらにエフェクタージャンキーになるのかなぁなんて思ったりして(嫁には内緒)

大往生

8月13日にレス・ポールが、94歳で大往生した。
ギブソン・レス・ポールの生みの親とか、マルチ・トラック・レコーディング・システムを開発したと言われていたけど、どこまでこの人が発明したかは疑問。
実際、ギブソン・レス・ポールのときには、ストップテイルピースを開発しただけという話を読んだことがあるしなぁ…
とはいっても、ソリッドギターやヘッドレスを試作したのは事実だと思うし、レス・ポールはミュージシャンであって、ネイサン・ダニエルのようなイノベーターでもないし、レオ・フェンダーのような合理主義な企業家でもないので、ギブソンがレス・ポールのアイディアを具現化していったと考える方が良いかもしれない。
それよりもあの年まで第一線で演奏を続けていたことに敬意を表せる。
プレイヤーとして生涯現役を貫けることほど幸せなことはない。
彼の煌びやかなトーンのプレイを聴いていると、レス・ポール本人以外どいつもこいつもレス・ポールの使い方を激しく間違えていると思う(笑)

24

応募のメールやメッセージに返信するとき、必ず最後に入れる一文がある。
24時間以内にお返事がいただけない場合、大変申し訳ございませんが参加・セッション等のご意志がないと判断させていただきます。
24時間を過ぎたら、今までどんなに遣り取りをしていようが、そこで終わり。
ちょっと厳しいと感じる人もいるかも知れないけど、本当に参加をしたかったり、セッションをしたいと思っている人は、大抵24時間以内に返事をくれる。
恋愛と一緒。
恋愛の場合、好きになったり、気になる相手にはすぐにでも返事をするものだし、情報をいっぱい知りたいと思うのが普通。
そういえば以前、24時間を経過してから返事をくれた相手が居た。mixiなので、ログインしないとメッセージを確認できないのは仕方がないとしても、相手の送ってきたメッセージには「仕事とプライベートが忙しかったので返事が遅れた。」ということが書かれていた。
当時の私は、仕事は毎日終電だし、プライベートでは結婚を控えて大わらわだった。それでもメンバーや応募してきた人たちには連絡が出来た。24時間のうちほんの10分程度も時間が割けないってありえないでしょ?しかもこちらがメッセージを送ってから数回ログインをしていた状況だったので、「忙しいので、後ほどメッセージします」ていどのことはかけたと思うんだけどね。
仕事やプライベートが忙しいを理由にする人は、曲を覚えなかったときに同じような言い訳をすると思って断った。
それと、返事を待つのも面倒くさいし、自分ルールを勝手に決めて断るよりも明記していた方が断りやすい。
今回もこちらの返信に対して何の返事がないままの人間が4人居る。

セールスポイント

どっかのバンドに潜り込んでヴォーカルをゲットしてこうようかなと思い付く。
そこで加入希望を書こうと思って気が付いた。
セールスポイントないじゃん!
プレイ
テクニカルなことや難しいことは一切出来ない。早弾きやライトハンドなど以ての外。しかも簡単なことさえ出来ているかと問われると、とても怪しい。
しいてセールスポイントを上げるなら、ミスピッキングとミスタッチ。
好きなミュージシャン
好きなミュージシャンと弾けるミュージシャンは別物。そこを理解してもらえないと「ザッパが好きです」とか、「最近はホールズワースを聴いてます」なんて書いたら、とんでもないことになりそう。
それに自分が好きなミュージシャンの殆どが王道から一本横に入ったような人たちばかり。
クラプトンではなくピーター・グリーンだし、エイドリアン・ブリューやスティーヴ・ヴァイではなくウォーレン・ククレロやリーヴス・ゲイブレルスだしなぁ。
取り敢えずパンクとか言っておけば無難かな…。
音楽的嗜好
取り敢えずだ、セックスマシンガンズとか山嵐といった強そうな名前のバンドは勘弁だし、 大塚愛や椎名林檎や中島美嘉aikoとか絶対に聴かない。
そんなバンドにも入りたくない。
かといって、ストーンズやRCのコピーバンドなんてもっと嫌だ。
取り敢えずニューウェーヴですかね…
なんだか悲しくなってきた(泪)
誰か、私のセールスポイントを教えて下さい。

訃報続き

7月22日にアベ フトシが急性硬膜外血腫で42歳で逝った。
ミシェル・ガン・エレファントは、テレビで見ていた程度。初めて聴いたときDr.Feelgoodと言うよりも初期のRoostersみたいだなと思った。
ギターマガジンのインタビューを読んで、聴いてきた音楽が似ていたり、日本には少ないウィルコ・ジョンソン直系の狂ったようなカッティング主体のギタースタイルが印象深かった。
============
7月26日には、山田辰夫が癌のため53歳で死去。
主演をした「狂い咲きサンダーロード」は、後追いとはいえ物凄くインパクトのある映画だった。破壊的で限りなく救いようのないバカだらけ。そんな映画の主演が山田辰夫。
とてもロックな役者さんだと思った。
チンピラやぶっきらぼうな役柄の印象しかないけど、もっといろんな役を見てみたかった。
============
そして今日、川村カオリの訃報。
38歳。
TVKの番組で司会をしていた程度の認識はないけど、あの時代のPUNXにとってはスタークラブのヒカゲの彼女ということで有名だった。
まだ活動をしていたのも驚いたけど、今年の5月5日のライヴは、癌と闘いながらだと思うと、その辛さは計り知れないだろうなと思った。
============
みんなまだまだ遣り残したことがあるんだろうな。
無念だろうな。
============
これからも後悔しないように出し惜しみなしで全力で行こう。

目標

昨日、MKCさんと話をしていてMKCさんが「もし、SさんやKさん(どちらもプロのギタリスト)と共演をしたとしても、萎縮しないで堂々とプレイできること」と、話していた。
確かにMKCさんなら、それが目標となるのは当然だよな。
では、自分のバンドに関しては、どんな目標なのか考えてみた。
昨日の話を聞いていて動きの悪い脳味噌をフル回転して考えた結果、今まで漠然としか抱いていなかった目標が、自分の中で具体的で明確なものとなった気がする。
このバンドでの目標は、共演をした他のコピーバンドに「敵わない」と思わせること。
また大きく出ちゃったよ(笑)
私のバンドはカヴァーバンドなので、コピーバンドと一緒くたにされるのは正直心外。とはいえ、他人の曲を演奏しているという点では一緒なのも事実。
で、他人の曲を演奏しているというフィールドで勝負するとしたら、技術面では、うちのバンドよりも上のバンドはいくらでもあるけど、うちより面白いアレンジで聞かせているバンドにお目にかかったことがない。
大抵、トリビュートバンド(便利な名称だね、こりゃ)とか言ってソックリさんショーに努力をしているか、コピーともカヴァーとも付かない学芸会レベルの演奏をしている程度。
ソックリさんショーに金を払うくらいなら家でCDを聴いていた方がマシ。
そういうバンドと共演したときに「クッソ!」とか「やられた!」と、相手に思わせるレベルに達したい。そのために日々努力はしているつもりだけど、まだまだ甘いなって思う。
とは言ってもとても井の中の蛙的な目標なんですけどね(笑)